Vine Linux 4.1
Sponsored Link

FTPサーバー構築
2008/08/25
  ファイル転送用にFTPサーバーを構築し、ftp.*** でアクセスできるよう 別名をつけておきます。使うのは vsftpd です。ファイル転送は内部ネットワークから行うことを前提としています。 外部からの転送は経路上をパスワード等のデータが平文で流れ、盗聴などの危険にさらされるため、おすすめしません。

[1] vsftpd のインストールと設定をします。
[root@ns root]#
apt-get install vsftpd

パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  vsftpd
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 3 個
117kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 230kB のディスク容量が追加消費されます。
取得:1 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/plus vsftpd 2.0.3-0vl1 [117kB]
117kB を 0s 秒で取得しました (322kB/s)
変更を適用しています...
準備中...
############################ [100%]

  1:vsftpd
############################ [100%]

完了
[root@ns root]#
vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf


# 81,82行目:行頭の#を削除(アスキーモードでの転送を許可)

ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES

# 96行目:行頭の#を削除(chroot リスト有効)

chroot_list_enable=YES

# 98行目:行頭の#を削除して場所変更(chroot リストファイル指定)

chroot_list_file=
/etc/vsftpd/chroot_list


# 104行目:行頭の#を削除(ディレクトリごと一括での転送有効)

ls_recurse_enable=YES

# 最終行へ追記

chroot_local_user=YES

local_root=public_html


[root@ns root]#
vi /etc/vsftpd/chroot_list


# 上の階層へ移動を許可するユーザーを追加

vine


[root@ns root]#
/etc/rc.d/init.d/vsftpd start

Starting vsftpd for vsftpd:
[  OK  ]

[root@ns root]#
chkconfig vsftpd on
[2] ネームサーバーに別名を登録しておきます。
[root@ns ~]#
vi /var/named/srv.world.lan


$TTL 86400
@
IN
SOA
ns.srv.world. root.srv.world. (

200707250
3
;Serial

3600
;Refresh

1800
;Retry

604800
;Expire

86400
;Minimum TTL

)
IN
NS
ns.srv.world.

IN
A
192.168.0.17

IN
MX 10
ns.srv.world.


ns
IN
A
192.168.0.17


www
IN
CNAME
ns.srv.world.

ftp
IN
CNAME
www.srv.world.


[root@ns ~]#
rndc reload

server reload successful
関連コンテンツ