Vine Linux 4.1
Sponsored Link

各種サービスの起動・停止
2008/08/25
[1] デフォルトで有効になっている不要サービスは停止しておきます。 まず、以下のコマンドでサービス一覧を出力します。
[root@ns root]#
chkconfig --list | less

[2] 不要なサービスを止めます。以下の例では、まず、portmap を停止し、 システムの起動時に自動的に立ち上がらないようにしています。
[root@ns root]#
/etc/rc.d/init.d/portmap stop

Stopping portmapper:   [ OK ]
[root@ns root]#
chkconfig portmap off

[3] このサイトで紹介しているのと同じ構成でインストールした場合の、 デフォルトで入っているサービスの一覧です。右側に○が入っているものは私がONにしたサービスです。 といっても、この Vine Linux は最小構成で入れると、他のディストリビューションとは異なり、 ほんとに最小に近い構成になっているため、あまりいじる必要はないかもしれません。
messagebus アプリケーション間でメッセージを送る
pppoe 名前の通りPPPOEの設定に使う。Linuxをルーターとして使う場合は必要  
kudzu 新規・変更されたハードウェアを検出する  
keytable キーボードマップの管理をする
portmap NISやNFSなどRPCサービス向けのポート指定デーモン  
haldaemon ハードウェアの情報を収集。デスクトップ用途向け。  
network ネットワークシステム
mdmpd ソフトウェアRAIDを監視  
nscd 名前解決等のデータをキャッシュする  
sshd 暗号化通信を提供
nfslock NFSサーバーのデータを保護するファイルロックを提供  
mdmonitor ソフトウェアRAIDを監視  
saslauthd 認証機能を提供  
xfs Xフォントサーバー  
random 名前の通りランダムな数を発生させる  
netfs NFSクライアント  
syslog システムのログを記録
atd 指定時間にジョブを実行。atコマンドを使うために必要。  
anacron ジョブの定期実行。cronとの違いは、例えば電源がオフになっていたことが原因で、 指定したタスク設定が期間内に実行されていない場合は、システム起動後に遅延実行ができる。  
crond ジョブの定期実行
rdisc ?????不明  
ypbind NISのシステムで必要  
cpuspeed CPUが省電力機能を備えていれば、このサービスと合わせて有効になる。
iptables パケットフィルタリングやNAT、IPマスカレード  
autofs システム起動時にリムーバブルメディアを自動マウント  
acpid 電源管理  
postfix SMTPデーモン
irqbalance マルチプロセッサ環境で他のCPUも割り込み処理を行なえる
nfs NFSサーバー。ネットワーク上でファイルを共有する。  

関連コンテンツ
 
Tweet