Vine Linux 4.1
Sponsored Link

BINDインストール
2008/08/25
  名前解決を行ってくれる DNS (Domain Name System) サーバーを構築します。 DNSサーバーとして BIND を使います。 ルーターの設定で、TCP と UDP の 53番ポート宛てを通す設定もしておきます。

[1] まずは BIND のインストールです。
[root@ns root]#
apt-get -y install bind caching-nameserver

パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  bind caching-nameserver
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 2 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個
0B/2336kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 7124kB のディスク容量が追加消費されます。
変更を適用しています...
準備中...
############################ [100%]

  1:bind
############################ [50%]

  2:caching-nameserver
############################ [100%]

完了
[2] BIND の設定です。 以下での設定は、グローバルアドレス[172.16.0.80/29], プライベートアドレス[192.168.0.0/24], ドメイン名[srv.world]と仮定した場合のものですので、自分の環境に合わせて置き換えて設定してください。 (172.16.0.80/29 は実際にはプライベート用のアドレスですが)
[root@ns root]#
vi /etc/named.conf

// generated by named-bootconf.pl
directory "/var/named";

/*

* If there is a firewall between you and nameservers you want

* to talk to, you might need to uncomment the query-source

* directive below. Previous versions of BIND always asked

* questions using port 53, but BIND 8.1 uses an unprivileged

* port by default.

*/

// query-source address * port 53;

# 問い合わせを許可する範囲

allow-query { localhost; 192.168.0.0/24; };

# ゾーン情報の転送を許可する範囲

allow-transfer { localhost; 192.168.0.0/24; };

# 再帰検索を許可する範囲

allow-recursion { localhost; 192.168.0.0/24; };

};
# 以下より、内部向けの定義を記述

view "internal" {
# 指定範囲内のホストが内部向けの定義を参照

match-clients {

localhost;

192.168.0.0/24;

};

zone "." IN {

type hint;

file "named.ca";

};

# 内部向け正引き情報を定義

zone "srv.world" IN {

type master;

file "srv.world.lan";

allow-update { none; };

};

# 内部向け逆引き情報を定義 *注

zone "0.168.192.in-addr.arpa" IN {

type master;

file "0.168.192.db";

allow-update { none; };

};

zone "localhost" IN {

type master;

file "localhost.zone";

allow-update { none; };

};

zone "0.0.127.in-addr.arpa" IN {

type master;

file "named.local";

allow-update { none; };

};

};
# 以下より、外部向けの定義を記述

view "external" {
# 内部向け範囲以外のホストが参照

match-clients {

any;

};

zone "." IN {

type hint;

file "named.ca";

};

# 外部向け正引き情報を定義

zone "srv.world" IN {

type master;

file "srv.world.wan";

allow-update { none; };

};

# 外部向け正引き情報を定義 *注

zone "80.0.16.172.in-addr.arpa" IN {

type master;

file "80.0.16.172.db";

allow-update { none; };

};

};


# *注:「*.*.*.*.in-addr.arpa」と指定するところはネットワークアドレスを逆にしたものを入力

192.168.0.0/24 の場合
ネットワークアドレス
→ 192.168.0.0

ネットワークの範囲
→ 192.168.0.0 - 192.168.0.255

指定方法
→ 0.168.192.in-addr.arpa


172.16.0.80/29 の場合
ネットワークアドレス
→ 172.16.0.80

ネットワークの範囲
→ 172.16.0.80 - 172.16.0.87

指定方法
→ 80.0.16.172.in-addr.arpa
関連コンテンツ
 
Tweet