Ubuntu 22.04
Sponsored Link

RAID 1 を構成する
2022/08/30
 
稼働中のシステムに HDD 2 台を増設して RAID 1 を構成します。
[1] 当例では、以下のような構成のシステムに、新たに sdb, sdc を追加して RAID 1 を構成します。
増設ディスクは内蔵ディスク または iSCSI ディスクでも OK です。
root@dlp:~#
df -h

Filesystem                         Size  Used Avail Use% Mounted on
tmpfs                              796M  1.1M  795M   1% /run
/dev/mapper/ubuntu--vg-ubuntu--lv   77G  8.2G   65G  12% /
tmpfs                              3.9G     0  3.9G   0% /dev/shm
tmpfs                              5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
/dev/vda2                          2.0G  126M  1.7G   7% /boot
tmpfs                              796M  4.0K  796M   1% /run/user/0
[2] 増設した 2 台のハードディスクにパーティションを作成し、RAID フラグをセットしておきます。
root@dlp:~#
apt -y install parted
root@dlp:~#
parted --script /dev/sdb "mklabel gpt"

root@dlp:~#
parted --script /dev/sdc "mklabel gpt"

root@dlp:~#
parted --script /dev/sdb "mkpart primary 0% 100%"

root@dlp:~#
parted --script /dev/sdc "mkpart primary 0% 100%"

root@dlp:~#
parted --script /dev/sdb "set 1 raid on"

root@dlp:~#
parted --script /dev/sdc "set 1 raid on"
[3] RAID 1 を構成します。
# 関連ツールインストール

root@dlp:~#
apt -y install mdadm
root@dlp:~#
mdadm --create /dev/md0 --level=raid1 --raid-devices=2 /dev/sdb1 /dev/sdc1

mdadm: Note: this array has metadata at the start and
    may not be suitable as a boot device.  If you plan to
    store '/boot' on this device please ensure that
    your boot-loader understands md/v1.x metadata, or use
    --metadata=0.90
Continue creating array? y
mdadm: Defaulting to version 1.2 metadata
mdadm: array /dev/md0 started.

# 状態確認 ( [UU] となっていれば OK )

root@dlp:~#
cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
md0 : active raid1 sdc1[1] sdb1[0]
      83817472 blocks super 1.2 [2/2] [UU]
      [====>................]  resync = 24.9% (20902592/83817472) finish=7.4min speed=140632K/sec

unused devices: <none>

# 同期が完了すると以下のようなステータスになる
# 以上で RAID 1 設定完了

root@dlp:~#
cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
md0 : active raid1 sdc1[1] sdb1[0]
      83817472 blocks super 1.2 [2/2] [UU]

unused devices: <none>
[4] 例えば、いずれか一方のハードディスクが故障した場合は、以下のようにして RAID ARRAY を再構成できます。
# 異常発生時にはステータスが以下のようになる

root@dlp:~#
cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
md0 : active raid1 sdc1[1] sdb1[0]
      83817472 blocks super 1.2 [2/1] [U_]

unused devices: <none>

# 故障ディスクを新しいディスクと交換し [2] の手順でパーティション作成する
# その後は以下のように RAID ARRAY に追加する

root@dlp:~#
mdadm --manage /dev/md0 --add /dev/sdc1

mdadm: added /dev/sdc1
root@dlp:~#
cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
md0 : active raid1 sdc1[1] sdb1[0]
      83817472 blocks super 1.2 [2/2] [UU]
      [====>................]  resync = 24.9% (20902592/83817472) finish=7.4min speed=140632K/sec

unused devices: <none>
[5] 使用する場合は、通常通り、任意のファイルシステムでフォーマットして、任意のマウントポイントにマウントします。
# 例として ext4 でフォーマットして /mnt にマウント

root@dlp:~#
mkfs.ext4 /dev/md0

root@dlp:~#
mount /dev/md0 /mnt

root@dlp:~#
df -hT

Filesystem                        Type   Size  Used Avail Use% Mounted on
tmpfs                             tmpfs  795M  1.1M  794M   1% /run
/dev/mapper/ubuntu--vg-ubuntu--lv ext4    76G  6.7G   66G  10% /
tmpfs                             tmpfs  3.9G     0  3.9G   0% /dev/shm
tmpfs                             tmpfs  5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
/dev/vda2                         ext4   2.0G  127M  1.7G   7% /boot
tmpfs                             tmpfs  795M  4.0K  795M   1% /run/user/0
/dev/md0                          ext4    79G   24K   75G   1% /mnt

# fstab に記載する場合は
# md*** の名前はハードウェア構成の変更等により変わるため UUID で記載する

root@dlp:~#
blkid | grep md

/dev/md0: UUID="de532c2c-67a6-44bf-84d8-8d5eba55e752" BLOCK_SIZE="4096" TYPE="ext4"

root@dlp:~#
vi /etc/fstab
# 調べた UUID で記述

/dev/disk/by-id/dm-uuid-LVM-OVORwCq99gl1jfieBtHmuXzxuK5vy6IBH9gC1yhsecDaXjqfv9aWK3K1rd7AZczP / ext4 defaults 0 1
# /boot was on /dev/vda2 during curtin installation
/dev/disk/by-uuid/53b66f54-ce3a-4717-87c8-c841549386bf /boot ext4 defaults 0 1
/swap.img       none    swap    sw      0       0
/dev/disk/by-uuid/de532c2c-67a6-44bf-84d8-8d5eba55e752 /mnt  ext4 defaults 0 0

# 以上で md*** の名前が変わった場合も正常にマウントされる

root@dlp:~#
df -hT /mnt

Filesystem     Type  Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/md127     ext4   79G   24K   75G   1% /mnt
関連コンテンツ