Ubuntu 22.04
Sponsored Link

Podman : Dockerfile を利用する
2022/04/28
 
Dockerfile を利用してコンテナーイメージを作成し、コンテナーを実行します。
Dockerfile にはコンテナーの構成内容をまとめて記述するため、構成管理にも役立ちます。
[1] 例として、Nginx のインストールと起動を行う Dockerfile を作成します。
root@dlp:~#
vi Dockerfile
# 新規作成

FROM ubuntu
MAINTAINER ServerWorld <admin@srv.world>

RUN apt-get update
RUN apt-get -y install nginx
RUN echo "Dockerfile Test on Nginx" > /var/www/html/index.html

EXPOSE 80
CMD ["/usr/sbin/nginx", "-g", "daemon off;"]

# イメージのビルド ⇒ podman build -t [イメージ名]:[タグ] .

root@dlp:~#
podman build -t srv.world/ubuntu-nginx:latest .

STEP 1/7: FROM ubuntu
STEP 2/7: MAINTAINER ServerWorld <admin@srv.world>
--> b51cc134aaf
STEP 3/7: RUN apt-get update

.....
.....

STEP 6/7: EXPOSE 80
--> 1f6e0c4c82f
STEP 7/7: CMD ["/usr/sbin/nginx", "-g", "daemon off;"]
COMMIT srv.world/ubuntu-nginx:latest
--> 00787fa1628
Successfully tagged srv.world/ubuntu-nginx:latest
00787fa1628bc83158413f180fe627d2f438e5f746c8bf00becc95494bd9ab92

root@dlp:~#
podman images

REPOSITORY                TAG         IMAGE ID      CREATED         SIZE
srv.world/ubuntu-nginx    latest      00787fa1628b  52 seconds ago  170 MB
srv.world/ubuntu-apache2  latest      c5d3a78bc38f  4 minutes ago   224 MB
docker.io/library/ubuntu  latest      3f4714ee068a  6 days ago      80.3 MB

# コンテナー起動

root@dlp:~#
podman run -d -p 80:80 srv.world/ubuntu-nginx

2e4306345e393868c78d14316f8ff141c0231868750186bf74c0f48304a79f90

root@dlp:~#
podman ps

CONTAINER ID  IMAGE                          COMMAND               CREATED        STATUS            PORTS               NAMES
2e4306345e39  srv.world/ubuntu-nginx:latest  /usr/sbin/nginx -...  6 seconds ago  Up 6 seconds ago  0.0.0.0:80->80/tcp  modest_wilbur

# アクセス確認

root@dlp:~#
curl localhost

Dockerfile Test on Nginx
# コンテナーネットワーク経由でもアクセス可

root@dlp:~#
podman inspect -l | grep \"IPAddress

            "IPAddress": "10.88.0.8",
                    "IPAddress": "10.88.0.8",

root@dlp:~#
curl 10.88.0.8

Dockerfile Test on Nginx
Docker ファイルでの記述フォーマットは [INSTRUCTION arguments] (指示 引数) の形となっており、INSTRUCTION には主に下記のような種類があります。なお、INSTRUCTION の必須項目は FROM のみで、その他は任意です。FROM が指定されていれば Docker ファイルは動作します。
INSTRUCTION 説明
FROM コンテナーのベースとするイメージを指定する
MAINTAINER コンテナーイメージの作成者を指定する
RUN コマンドの実行を指定する ⇒ イメージ作成時に実行される
CMD コマンドの実行を指定する ⇒ コンテナー実行時に実行される
[docker run] の際に実行されるが、[docker run] に引数があればそちらが優先される
ENTRYPOINT コマンドの実行を指定する ⇒ コンテナー実行時に実行される
「docker run」の際に実行されるが、[docker run] に引数があれば、ENTRYPOINT 指定コマンドに付加される
LABEL コンテナーイメージのラベルを指定する
EXPOSE リスンするポートを指定する
ENV 環境変数を指定する
ADD ファイル/ディレクトリの追加を指定する
COPY ファイル/ディレクトリの追加を指定する
ADD と異なる点は、リモートURL 指定不可、アーカイブファイルを自動で展開しない
VOLUME マウントポイントを指定する
USER 実行ユーザーを指定する
WORKDIR 作業ディレクトリを指定する

関連コンテンツ