Ubuntu 22.04
Sponsored Link

ネットワーク ボンディングの設定
2023/01/12
 
サーバーコンピューターに複数のネットワークインターフェースが搭載されている場合、ネットワーク ボンディングの設定を適用することにより、複数のネットワークインターフェースを使用して、ネットワークの冗長化や負荷分散をすることができます。
ボンディングの設定の際に指定する動作モードの概要は以下の通りです。
モード番号 モード名称 概要
0 balance-rr 全てのメンバーデバイス (NIC) を使用して、順番 (ラウンドロビン) にデータを送受信する。
負荷分散と冗長化に対応する。
trunk に対応したスイッチが必要となる。
ボンディングの設定時に Mode を指定しない場合は、当モードがデフォルトモードとして適用される。
1 active-backup メンバーデバイスのうちの 1つの NIC のみをアクティブインターフェイスとしてデータを送受信する。
冗長化に対応する。
2 balance-xor 送信元/先の MAC アドレスを元に、メンバーデバイスから送信デバイスを決定してデータを送受信する。
負荷分散と冗長化に対応する。
trunk に対応したスイッチが必要となる。
3 broadcast 全メンバーデバイスに同一パケットを送信する。
冗長化に対応する。
通常用途では使用しない。
4 802.3ad IEEE 802.3ad (LACP) に準拠したリンクアグリゲーション。
IEEE 802.3ad に対応したスイッチが必要となる。
5 balance-tlb 送信時のみ NIC の速度、及び負荷に応じて負荷分散を行い、受信時は冗長化する。
負荷分散と冗長化に対応する。
6 balance-alb balance-tlb の機能に加え、受信も負荷分散する。
負荷分散と冗長化に対応する。

[1] ボンディングの設定です。
# ネットワークインターフェース確認

root@dlp:~#
ip address show

1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
    link/ether 52:54:00:3b:0c:70 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.0.0.227/24 metric 100 brd 10.0.0.255 scope global dynamic enp1s0
       valid_lft 538sec preferred_lft 538sec
    inet6 fe80::5054:ff:fe3b:c70/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: enp7s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
    link/ether 52:54:00:39:87:6d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

root@dlp:~#
ls /etc/netplan

00-installer-config.yaml.org 01-netcfg.yaml
# ネットワーク設定編集

root@dlp:~#
vi /etc/netplan/01-netcfg.yaml
# 以下のように全行変更
# インターフェース名や IP アドレス, DNS 等の設定は自身の環境に置き換え
# [mode] には設定したいモード名を指定
network:
  ethernets:
    enp1s0:
      dhcp4: false
      dhcp6: false
    enp7s0:
      dhcp4: false
      dhcp6: false
  bonds:
    bond0:
      addresses: [10.0.0.30/24]
      routes:
        - to: default
          via: 10.0.0.1
          metric: 100
      nameservers:
        addresses: [10.0.0.10]
        search: [srv.world]
      interfaces:
        - enp1s0
        - enp7s0
      parameters:
        mode: balance-rr
        mii-monitor-interval: 100
  version: 2

# 変更内容を反映

root@dlp:~#
netplan apply
# 設定すると [bonding] モジュールは自動的に読み込まれる

root@dlp:~#
lsmod | grep bond

bonding               196608  0
tls                   114688  1 bonding

root@dlp:~#
ip address show

1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,SLAVE,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel master bond0 state UP group default qlen 1000
    link/ether 5e:fe:fe:8c:0c:8f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff permaddr 52:54:00:3b:0c:70
3: enp7s0: <BROADCAST,MULTICAST,SLAVE,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel master bond0 state UP group default qlen 1000
    link/ether 5e:fe:fe:8c:0c:8f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff permaddr 52:54:00:39:87:6d
4: bond0: <BROADCAST,MULTICAST,MASTER,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UP group default qlen 1000
    link/ether 5e:fe:fe:8c:0c:8f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.0.0.30/24 brd 10.0.0.255 scope global bond0
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::5cfe:feff:fe8c:c8f/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever

root@dlp:~#
ethtool bond0

Settings for bond0:
        Supported ports: [  ]
        Supported link modes:   Not reported
        Supported pause frame use: No
        Supports auto-negotiation: No
        Supported FEC modes: Not reported
        Advertised link modes:  Not reported
        Advertised pause frame use: No
        Advertised auto-negotiation: No
        Advertised FEC modes: Not reported
        Speed: 2000Mb/s
        Duplex: Full
        Auto-negotiation: off
        Port: Other
        PHYAD: 0
        Transceiver: internal
        Link detected: yes
関連コンテンツ