Ubuntu 20.04
Sponsored Link

OpenSSH : SSH ポートフォワーディング
2020/04/27
 
SSH ポートフォワーディング機能により、任意のサーバーの任意のポートへリクエストを転送することができます。
[1] 例として、ホスト [dlp.srv.world (10.0.0.30)] のポート [8081] 宛てに来たリクエストを、ホスト [node01.srv.world (10.0.0.51)] のポート [80] へ転送します。当例の場合、クライアントホストが、[dlp.srv.world:8081] に HTTP アクセスすると、[node01.srv.world] 上で [80] をリスンしている HTTP サーバーが応答します。
# 転送元から転送先へ SSH ログイン

ubuntu@dlp:~$
ssh -L 10.0.0.30:8081:10.0.0.51:80 ubuntu@node01.srv.world

cent@node01.srv.world's password:  
# 接続ユーザーでログイン

ubuntu@node01:~$
# 確認

[cent@node01 ~]$
ssh dlp.srv.world "ss -napt | grep 8081"

cent@dlp.srv.world's password:
LISTEN    0         128              10.0.0.30:8081             0.0.0.0:*        users:(("ssh",pid=4099,fd=4))

# 8081 がリスン状態になる

# ログインセッションは残しておく
[2] 任意のクライアントホストから設定した転送元ポートへ HTTP アクセスすると、転送先のポートが応答します。
関連コンテンツ