Ubuntu 20.04
Sponsored Link

NextCloud : カレンダーを同期する
2020/10/13
 
NextCloud 上のカレンダーとクライアントコンピューター上のカレンダーアプリを同期して利用できるよう設定します。
RFC 4791 で制定されている CalDAV プロトコルに対応したアプリケーションであれば、カレンダーが利用可能です。
当例では、Windows 10 にインストールした Thunderbird を例にします。
[1] 自身の NextCloud ユーザーで NextCloud Web にログインして、画面上部の [カレンダー] アイコンをクリックします。
次に、左メニューの自身のカレンダー名 (デフォルトは [個人]) の右の (...) アイコンをクリックして、メニューから [プライベートリンクをコピー] を選択します。 この状態で、クリップボードに自身のカレンダーへのアクセス URL がコピーされます。これは後ほどクライントアプリで入力するため、控えておきます。
当例の場合、以下のような URL がコピーされます。
⇒ https://dlp.srv.world/nextcloud/remote.php/dav/calendars/Serverworld/personal/
[2] クライアントコンピューターの設定です。Windows 10 にインストールした Thunderbird を例にします。
Thunderbird 起動後のデフォルト画面で [カレンダー] アイコンをクリックしてセットアップウイザードを起動します。
[3] [ネットワークのサーバーに保存する] にチェックを入れて、[次へ] をクリックします。
[4] フォーマットに [CalDAV] を選択し、ユーザー名に自身の NextCloud ユーザー名、場所に [1] で確認したカレンダーへのアクセス URL を入力して [次へ] をクリックします。
[5] 名前の欄に、任意のカレンダー名を入力して [次へ] をクリックします。
[6] 自身の NextCloud ユーザーで認証します。
[7] 問題なければ、完了画面になります。[完了] ボタンをクリックして終了します。
[8] カレンダーを開くには、画面上部のカレンダーアイコンをクリックします。
[9] NextCloud 側で入力した予定が表示されているか確認します。また Thunderbird 側でも予定を新規追加して、NextCloud 側で参照できるか確認しておくとよいでしょう。
関連コンテンツ