Ubuntu 18.04
Sponsored Link

Zabbix 3.0 : 初期セットアップ
2018/06/29
 
Zabbix の初期セットアップを行います。
[1] Zabbix サーバーの Apache2 でアクセス許可したネットワーク範囲内の任意のコンピュータから Webブラウザを起動して [http://(Zabbixサーバーのホスト名またはIPアドレス)/zabbix/] にアクセスします。 すると以下の画面になるので、 [Next step] をクリックして初期セットアップを進めます。
[2] システム要件を満たしているかのチェックになります。全て [OK] であることを確認し、[Next step] をクリックして次へ進めます。
[3] データベース接続の設定になります。当サイトと同様に Zabbix サーバーを設定した場合は、入力が必要なの DB ユーザーの [Password] のみです。 他の項目はデフォルトのままで OK です。
[4] Zabbix サーバーへの情報の設定になります。当サイトと同様に Zabbix サーバーを設定した場合は、入力が必要なの [Name] フィールドのみです。 Zabbix サーバーのホスト名を入力します。
[5] これまでの設定の確認です。問題なければ [Next step] をクリックして次へ進めます。
[6] デフォルトの設定だと、[/etc/zabbix] ディレクトリは root 所有でアクセス権 755 のため、Apache2 実行ユーザー [www-data] では [/etc/zabbix/zabbix.conf.php] ファイルを新規作成できず、以下のエラーとなります。 当例では、画面に記載の通り、画面の [1. Download configuration file] のリンクをクリックして設定ファイル [zabbix.conf.php] をダウンロードし、Zabbix サーバーの [/etc/zabbix] ディレクトリ配下へ手動配置します。所有者は root:root, アクセス権は 644 で OK です。 [zabbix.conf.php] ファイル配置後に [Finish] ボタンをクリックします。
[7] [Finish] ボタンをクリックして初期セットアップ完了です。
[8] ログイン画面になります。ユーザー名 [admin], 初期パスワード [zabbix] でログイン可能です。
[9] ログインできました。以下が Zabbix の管理画面になります。
関連コンテンツ