Ubuntu 18.04
Sponsored Link

Rsync : ファイル/ディレクトリの同期
2018/11/29
 
Rsync によるファイル同期の設定です。
コマンドの基本的な使用方法はリンク先の通りです
ローカル ⇔ リモート でのファイル同期の場合、コマンド単体での使用では接続に SSH が使用されるため、リモート側に SSH サーバーが起動していることが前提となります。
当例では、Rsync をサービスとして設定して起動します。
サービスとして起動しておくことで、同期の設定がより詳細に指定可能 且つ Rsync 独自のポート (873/TCP) で接続するため、リモート側での SSH サービスも不要となります。
例として、dlp.srv.world の /root/work 配下のファイル/ディレクトリを、node01.srv.world の /home/backup 配下にコピーするように設定します。

+----------------------+          |          +----------------------+
|     dlp.srv.world    |10.0.0.30 | 10.0.0.51|   node01.srv.world   |
|                      +----------+----------+                      |
|     /root/work/*     |   ------------->    |     /home/backup/*   |
+----------------------+        copy         +----------------------+

[1] コピー元ホストの設定です。
root@dlp:~#
apt -y install rsync
root@dlp:~#
vi /etc/rsync_exclude.lst
# コピー元の対象ディレクトリ内から、コピーを除外するファイル/ディレクトリを記述(相対パス)

test
test.txt

[2] コピー先ホストの設定です。
root@node01:~#
apt -y install rsync
root@node01:~#
vi /etc/rsyncd.conf
# 新規作成

# 任意の名前
[backup]
# コピー先対象ディレクトリ
path = /home/backup
# 接続を許可するホスト(コピー元ホストを指定)
hosts allow = 10.0.0.30
hosts deny = *
list = true
uid = root
gid = root
read only = false

root@node01:~#
mkdir /home/backup

root@node01:~#
systemctl start rsync

[3] 以上の設定完了後、以下のようにしてコピー元ホスト上からコピー先ホストへ同期を行います。
root@dlp:~#
rsync -avz --delete --exclude-from=/etc/rsync_exclude.lst /root/work/ node01.srv.world::backup
# 定期的に実行する場合は Cron に登録

root@dlp:~#
# 毎日午前2時に同期実行

00 02 * * * rsync -avz --delete --exclude-from=/etc/rsync_exclude.lst /root/work/ node01.srv.world::backup
関連コンテンツ
 
Tweet