Ubuntu 18.04
Sponsored Link

初期設定 : Sudo の設定
2018/04/27
 
Sudo を利用することにより、root 権限の委譲や権限の分離、root パスワードの使い回し防止等、セキュリティを高めることができます。
[1] Sudo をインストールします。
root@dlp:~#
apt install sudo

[2] root 権限を特定のユーザーに全て委譲する。
root@dlp:~#
# 最終行に追記: [ubuntu] ユーザーは root 権限を全て利用できる

ubuntu    ALL=(ALL:ALL) ALL

# 書式 ⇒ 委譲先 ホスト=(委譲元) コマンド

# visudo を終了するには Ctrl + x
# [ubuntu] ユーザーで動作確認

ubuntu@dlp:~$
/sbin/reboot

Failed to set wall message, ignoring: Interactive authentication required.
Failed to reboot system via logind: Interactive authentication required.
Failed to open /dev/initctl: Permission denied
Failed to talk to init daemon.
# 正常に拒否される

ubuntu@dlp:~$
sudo /sbin/reboot

[sudo] password for ubuntu:    
# [ubuntu] ユーザーのパスワード
Session terminated, terminating shell...   # 実行できた
[3] [1] の設定に加えて、しかし、特定のコマンドは許可しない。
root@dlp:~#
# システム停止系のコマンドエイリアス追記

# Cmnd alias specification
Cmnd_Alias SHUTDOWN = /sbin/halt, /sbin/shutdown, \ /sbin/poweroff, /sbin/reboot, /sbin/init, /bin/systemctl
# [1] の設定部分に追記 (エイリアス [SHUTDOWN] は許可しない)

ubuntu    ALL=(ALL:ALL) ALL, !SHUTDOWN

# [ubuntu] ユーザーで動作確認

ubuntu@dlp:~$
sudo /sbin/shutdown -r now

[sudo] password for ubuntu:
Sorry, user ubuntu is not allowed to execute '/sbin/shutdown -r now' as root on ubuntu.
# 拒否された
[4] root 権限が必要な特定のコマンドを特定のグループに属するユーザーに委譲する。
root@dlp:~#
# ユーザー管理系のコマンドエイリアス追記

# Cmnd alias specification
Cmnd_Alias USERMGR = /usr/sbin/adduser, /usr/sbin/useradd, /usr/sbin/newusers, \
/usr/sbin/deluser, /usr/sbin/userdel, /usr/sbin/usermod, /usr/bin/passwd 

# 最終行: グループ [usermgr] に属するユーザーに [USERMGR] で定義したコマンド許可設定追記

%usermgr ALL=(ALL) USERMGR
root@dlp:~#
groupadd usermgr

root@dlp:~#
vi /etc/group
# 所属させるユーザーを追記

usermgr:x:1002:
ubuntu
# [ubuntu] ユーザーで動作確認

ubuntu@dlp:~$
sudo /usr/sbin/useradd testuser

ubuntu@dlp:~$    
# 正常に完了

ubuntu@dlp:~$
sudo /usr/bin/passwd testuser

Enter new UNIX password:    
# testuserのパスワード設定

Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully
[5] root権限が必要な特定のコマンドを特定のユーザーに委譲する。
root@dlp:~#
# 最終行: それぞれのユーザーに特定のコマンドの許可設定追記

fedora    ALL=(ALL:ALL) /usr/sbin/visudo
cent      ALL=(ALL:ALL) /usr/sbin/adduser, /usr/sbin/useradd, /usr/sbin/newusers, \
                        /usr/sbin/deluser, /usr/sbin/userdel, /usr/sbin/usermod, /usr/bin/passwd
suse      ALL=(ALL:ALL) /usr/bin/vim

# [fedora] ユーザーで動作確認

fedora@dlp:~$
sudo /usr/sbin/visudo
# 正常に開き保存編集が可能

## Sudoers allows particular users to run various commands as
## the root user, without needing the root password.
# [cent] ユーザーで動作確認

cent@dlp:~$
sudo /usr/sbin/userdel -r testuser

cent@dlp:~$    
# 正常に完了
# [suse] ユーザーで動作確認

suse@dlp:~$
sudo /usr/bin/vim /root/.profile
# 正常に開き保存編集が可能

# ~/.profile: executed by Bourne-compatible login shells.
[6] デフォルトでは /var/log/auth.log に sudo の実行ログが記録されますが、sudo のログを別ファイルに記録したい場合は以下のように設定します。
root@dlp:~#
# 最終行に追記

Defaults syslog=local1
root@dlp:~#
vi /etc/rsyslog.d/50-default.conf
# 8行目: 追記

local1.*                        /var/log/sudo.log
auth,authpriv.*;local1.none     /var/log/auth.log
*.*;auth,authpriv.none          -/var/log/syslog

root@dlp:~#
systemctl restart rsyslog
関連コンテンツ
 
Tweet