Ubuntu 18.04
Sponsored Link

Ceph : ブロックデバイスを利用する
2018/12/25
 
以下のような構成の Ceph クラスターストレージを、任意のクライアントから利用できるように設定します。
                                         |
        +--------------------+           |           +--------------------+
        |   [dlp.srv.world]  |10.0.0.30  |   10.0.0.x| [client.srv.world] |
        |    Ceph-Deploy     +-----------+-----------+                    |
        |                    |           |           |                    |
        +--------------------+           |           +--------------------+
            +----------------------------+----------------------------+
            |                            |                            |
            |10.0.0.51                   |10.0.0.52                   |10.0.0.53 
+-----------+-----------+    +-----------+-----------+    +-----------+-----------+
|   [node01.srv.world]  |    |   [node02.srv.world]  |    |   [node03.srv.world]  |
|     Object Storage    +----+     Object Storage    +----+     Object Storage    |
|     Monitor Daemon    |    |                       |    |                       |
|                       |    |                       |    |                       |
+-----------------------+    +-----------------------+    +-----------------------+

 
例として、クライアント上でブロックデバイスを作成してマウントします。
[1] 事前に、設定するクライアントに他ノードと同様、Sudo と SSH 鍵の設定をし、その後、以下のように管理ノード上からクライアントに向けて Ceph のインストールと共有鍵の配布を実施しておきます。
また、デフォルト RBD プールを作成しておきます。
ubuntu@dlp:~/ceph$
ceph-deploy install client

ubuntu@dlp:~/ceph$
ceph-deploy admin client
ubuntu@dlp:~/ceph$
sudo ceph osd pool create rbd 8

pool 'rbd' created
ubuntu@dlp:~/ceph$
sudo rbd pool init rbd

[2] クライアント上でのブロックデバイスの作成とマウントです。
# 10G のディスクを作成

ubuntu@client:~$
sudo rbd create rbd01 --size 10G --image-feature layering
# 確認

ubuntu@client:~$
sudo rbd ls -l

NAME    SIZE PARENT FMT PROT LOCK
rbd01 10240M          2

# 作成したイメージをデバイスにマッピング

ubuntu@client:~$
sudo rbd map rbd01

/dev/rbd0
# 確認

ubuntu@client:~$
rbd showmapped

id pool image snap device
0  rbd  rbd01 -    /dev/rbd0

# XFS でフォーマット

ubuntu@client:~$
sudo mkfs.xfs /dev/rbd0
# マウント

ubuntu@client:~$
sudo mount /dev/rbd0 /mnt
ubuntu@client:~$
df -hT

Filesystem                  Type      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev                        devtmpfs  1.9G     0  1.9G   0% /dev
tmpfs                       tmpfs     395M  624K  394M   1% /run
/dev/mapper/ubuntu--vg-root ext4       29G  2.3G   25G   9% /
tmpfs                       tmpfs     2.0G     0  2.0G   0% /dev/shm
tmpfs                       tmpfs     5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs                       tmpfs     2.0G     0  2.0G   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs                       tmpfs     395M     0  395M   0% /run/user/0
/dev/rbd0                   xfs        10G   44M   10G   1% /mnt
関連コンテンツ
 
Tweet