Ubuntu 16.04
 

VirtualBox : 仮想マシン作成#2
2016/07/17
 
デスクトップ環境を導入している場合は GUI で仮想マシンの作成ができます。ここでは例として、GUI での操作でゲストOSに Windows Server 2012 R2 をインストールして仮想マシンを作成します。
[1] [Applications] - [Oracle VM VirtulBox] を起動します。
[2] 画面左上の「New」ボタンをクリックします。
[3] 仮想マシンの OS を選択します。
[4] 仮想マシンのメモリー容量を指定します。
[5] 仮想マシンのディスクに関する設定です。上から「作成しない」「新規作成する」「既存の仮想ディスクを使用する」です。 ここでは「新規作成する」で進めます。
[6] 仮想マシンのディスクタイプを指定します。VMWare 製品や QEMU 等様々な形式に対応しています。 ここでは VirtualBox デフォルトの「VDI」で進めます。
[7] ホストマシン側で仮想マシンのディスクをどう扱うかの設定です。「Fixed size」の場合、最初から指定容量が確保されます。 「Dynamically ~」の場合、仮想ディスクが使用している容量分のみが使用されます(ただし、最大は指定容量まで)。
[8] 仮想マシンのディスク容量を指定します。
[9] 設定ウィザードが終了し、メイン画面になります。ここで仮想マシンへのゲスト OS 新規インストールの場合、インストールメディアを指定する必要があるため、「Settings」をクリックします。
[10] 左メニューで「Storage」をクリックして、DVD アイコンをクリックします。
[11] インストールメディアを指定します。ここでは前もってダウンロードしておいた ISO を指定しています。
[12] メイン画面に戻り、「Start」アイコンをクリックして仮想マシンを起動します。
[13] 仮想マシンが起動しました。インストールは通常通りです。
[14] インストールが完了し、仮想マシンが起動しました。
 
Tweet