Ubuntu 16.04
Sponsored Link

OpenStack Newton : ストレージを利用する(LVM)
2016/11/20
 
仮想マシンインスタンスには一定容量のディスクは割り当てられていますが、 ディスクが足りなくなった場合やデータは別で保管しておきたい場合等は、 Cinder が提供するブロックストレージ機能を利用することができます。
ここではバックエンドとして LVM を利用した仮想ストレージを設定します。
LVM を利用するため、前提として Storage ノード上のボリュームグループに空き領域があることが前提です。 ここでは例として、専用のボリュームグループを新規作成して設定します。
                                      +------------------+
                             10.0.0.50| [ Storage Node ] |
+------------------+            +-----+   Cinder-Volume  |
| [ Control Node ] |            | eth0|                  |
|     Keystone     |10.0.0.30   |     +------------------+
|      Glance      |------------+
|     Nova API     |eth0        |     +------------------+
|    Cinder API    |            | eth0| [ Compute Node ] |
+------------------+            +-----+   Nova Compute   |
                             10.0.0.51|                  |
                                      +------------------+

[1] Cinder が利用するボリュームグループを、Storage ノード上のディスクの空き領域に作成しておきます。
root@storage:~#
pvcreate /dev/sdb1

Physical volume "/dev/sdb1" successfully created
root@storage:~#
vgcreate -s 32M vg_volume01 /dev/sdb1

Volume group "vg_volume01" successfully created
[2] Storage ノード上の Cinder Volume の設定です。
root@storage:~#
vi /etc/cinder/cinder.conf
# [DEFAULT] セクション内の任意の場所へ追記

enabled_backends = lvm
# 最終行へ追記

[lvm]
iscsi_helper = tgtadm
# 作成したボリュームグループ名

volume_group = vg_volume01
# ストレージノードのIPアドレス

iscsi_ip_address = 10.0.0.50
volume_driver = cinder.volume.drivers.lvm.LVMVolumeDriver
volumes_dir = $state_path/volumes
iscsi_protocol = iscsi
root@storage:~#
systemctl restart cinder-volume
[3] Compute ノードの Nova の設定です。
root@node01:~#
vi /etc/nova/nova.conf
# 最終行へ追記

[cinder]
os_region_name = RegionOne
root@node01:~#
systemctl restart nova-compute
[4] 例として「disk01」という名前のボリュームを 10GB で作成します。 作業場所はどこでもよいですが、ここでは Control ノード上で行います。
# 事前に環境変数を設定

root@dlp ~(keystone)#
echo "export OS_VOLUME_API_VERSION=2" >> ~/keystonerc

root@dlp ~(keystone)#
source ~/keystonerc
root@dlp ~(keystone)#
openstack volume create --size 10 disk01

+---------------------+--------------------------------------+
| Field               | Value                                |
+---------------------+--------------------------------------+
| attachments         | []                                   |
| availability_zone   | nova                                 |
| bootable            | false                                |
| consistencygroup_id | None                                 |
| created_at          | 2016-11-22T06:53:00.249640           |
| description         | None                                 |
| encrypted           | False                                |
| id                  | 75800972-8b41-4d0c-b13d-f97d37ee79bb |
| migration_status    | None                                 |
| multiattach         | False                                |
| name                | disk01                               |
| properties          |                                      |
| replication_status  | disabled                             |
| size                | 10                                   |
| snapshot_id         | None                                 |
| source_volid        | None                                 |
| status              | creating                             |
| type                | None                                 |
| updated_at          | None                                 |
| user_id             | b48cbdf1975f4fd3987f83a100cc9162     |
+---------------------+--------------------------------------+

root@dlp ~(keystone)#
openstack volume list

+------------------------------+--------------+-----------+------+-------------+
| ID                           | Display Name | Status    | Size | Attached to |
+------------------------------+--------------+-----------+------+-------------+
| 75800972-8b41-4d0c-b13d-     | disk01       | available |   10 |             |
| f97d37ee79bb                 |              |           |      |             |
+------------------------------+--------------+-----------+------+-------------+
[5] 作成した仮想ディスクをインスタンスに接続します。
以下の例では「/dev/vdb」というデバイスとしてインスタンスに接続されました。
以上でインスタンス上から「/dev/vdb」にファイルシステムを作成して、ストレージとして利用することができます。
root@dlp ~(keystone)#
openstack server list

+--------------------+-------------+---------+--------------------+------------+
| ID                 | Name        | Status  | Networks           | Image Name |
+--------------------+-------------+---------+--------------------+------------+
| 94afe31b-659b-4f61 | Ubuntu_1604 | SHUTOFF | int_net=192.168.10 | Ubuntu1604 |
| -bfd4-380bf440b510 |             |         | 0.9, 10.0.0.207    |            |
+--------------------+-------------+---------+--------------------+------------+

root@dlp ~(keystone)#
openstack server add volume Ubuntu_1604 disk01
# 接続された仮想ディスクは「in-use」ステータスになる

root@dlp ~(keystone)#
openstack volume list

+-----------------------+--------------+--------+------+-----------------------+
| ID                    | Display Name | Status | Size | Attached to           |
+-----------------------+--------------+--------+------+-----------------------+
| 75800972-8b41-4d0c-   | disk01       | in-use |   10 | Attached to           |
| b13d-f97d37ee79bb     |              |        |      | Ubuntu_1604 on        |
|                       |              |        |      | /dev/vdb              |
+-----------------------+--------------+--------+------+-----------------------+
関連コンテンツ
 
Tweet