Ubuntu 16.04
Sponsored Link

日本語環境にする
2016/04/25
 
日本語環境にしたい場合は以下のように設定します。
[1] 日本語関連のパッケージをインストールします。
root@dlp:~#
apt-get -y install language-pack-ja-base language-pack-ja ibus-mozc
[2] システムの文字セットを日本語に変更します。
root@dlp:~#
localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

root@dlp:~#
source /etc/default/locale
root@dlp:~#
echo $LANG

ja_JP.UTF-8    
# 変更された
root@dlp:~#    
# 試しに何かしてみる

新しいUNIXパスワードを入力してください:    
# 日本語になっている
[3] デスクトップ環境を導入している場合は、さらに以下の変更も必要です。
メニューから「System Settings」を選択して開きます。
[4] 「Languege Support」を開きます。

 

[5] パッケージの追加インストールが必要な旨が表示されるので、「インストール」をクリックします。
[6] 自身のパスワードを入力して認証します。
[7] インストール完了後、以下のように「日本語」をマウスでドラッグして、マウスで一番上に持っていって優先順位を上げます。
[8] 「システム全体に適用」ボタンをクリックしてシステム全体に変更を適用します。

 

[9] 「地域フォーマット」タブに移動し、以下のように日本語を選択し、「システム全体に適用」ボタンをクリックします。

 

[10] 続いて「Text Entry」を開きます。

 

[11] 以下のように「Japanese (Mozc)」の優先順位が最優先になっていれば OK です。 入力切り替えのキーも変更しておきます。 「Switch to next source using」フィールドにカーソルを合わせ、入力切り替え時のキーを押下します。 以下の例では「半角/全角」キーとしています。 以上で日本語の設定完了です。システムを一旦再起動してください。
[12] 日本語に変更できました。入力切替は設定した通り、「半角/全角」キーで可能です。
 
Tweet