Ubuntu 16.04
Sponsored Link

SSLの設定
2016/05/10
 
SSL の設定して暗号化通信ができるようにします。なお、HTTPS は 443/TCP を使用します。
[1]
[2] Apache2 の設定です。
root@www:~#
vi /etc/apache2/sites-available/default-ssl.conf
# 3行目:管理者アドレス変更

ServerAdmin
webmaster@srv.world
# 32,33行目:[1]で作成したものに変更

SSLCertificateFile
/etc/ssl/private/server.crt

SSLCertificateKeyFile
/etc/ssl/private/server.key
root@www:~#
a2ensite default-ssl

Enabling site default-ssl.
To activate the new configuration, you need to run:
  service apache2 reload

root@www:~#
a2enmod ssl

Considering dependency setenvif for ssl:
Module setenvif already enabled
Considering dependency mime for ssl:
Module mime already enabled
Considering dependency socache_shmcb for ssl:
Enabling module socache_shmcb.
Enabling module ssl.
See /usr/share/doc/apache2/README.Debian.gz on how to configure SSL and create self-signed certificates.
To activate the new configuration, you need to run:
  service apache2 restart

root@www:~#
systemctl restart apache2

  Webブラウザでテストページに https でアクセスしてみます。すると独自証明書なので以下のような警告が出ます。 「危険性を理解した上で接続するには」をクリックし、表示された「例外を追加」ボタンをクリックします。
  「セキュリティ例外を承認」ボタンをクリックします。
  HTTPS でアクセスできました。
 
Tweet