Ubuntu 14.04
Sponsored Link

Squid + SquidGuard
2014/06/08
 
Squid + SquidClamav は設定済みとして、 加えて SquidGuard をインストールし、コンテンツフィルタリングを実装します。 家庭内や企業内で Web閲覧者にアクセスさせたくない有害サイトを定義して、そこへアクセスがあった場合、 他サイトへリダイレクトさせます。
[1] SquidGuard のインストール/設定
root@prox:~#
apt-get -y install squidguard
root@prox:~#
mv /etc/squidguard/squidGuard.conf /etc/squidguard/squidGuard.conf.bk

root@prox:~#
vi /etc/squidguard/squidGuard.conf
# 新規作成 ( シンプルな設定 )

dbhome /var/lib/squidguard/db
logdir /var/log/squidguard
dest deny {
   
# 'deny'カテゴリの禁止ドメインファイル定義

    domainlist deny/domains
   
# 'deny'カテゴリの禁止URLファイル定義

    urllist deny/urls
}
acl {
    default {
       
# 'deny'以外は許可

        pass !deny all
       
# 'deny'にマッチしたときのリダイレクト先

        redirect http://www.srv.world/error.html
    }
}
root@prox:~#
mkdir /var/lib/squidguard/db/deny

root@prox:~#
vi /var/lib/squidguard/db/deny/domains
# アクセス禁止したいドメイン名を1行ずつ列挙

yahoo.co.jp
example.com
root@prox:~#
vi /var/lib/squidguard/db/deny/urls
# アクセス禁止したいURLを1行ずつ列挙

www.yahoo.co.jp/deny/
www.example.com/
root@prox:~#
squidGuard -C all

2014-06-08 13:25:35 [14132] INFO: squidGuard 1.5 started (1402287935.664)
2014-06-08 13:25:35 [14132] INFO: db update done
2014-06-08 13:25:35 [14132] INFO: squidGuard stopped (1402287936.001)
root@prox:~#
chown -R c-icap:proxy /var/lib/squidguard

root@prox:~#
chown -R c-icap:proxy /var/log/squidguard
root@prox:~#
vi /etc/squidclamav.conf
# 21行目:コメント解除しパス修正

squidguard
/usr/bin/squidGuard
root@prox:~#
/etc/init.d/c-icap restart

 * Restarting c-icap Server c-icap
   ...done.
[2] 試しに[1]で設定した yahoo にアクセスしてみます。以下のように設定通りエラーページにリダイレクトされました。
関連コンテンツ
 
Tweet