Ubuntu 14.04
Sponsored Link

OpenStack Liberty : 連携サービスのインストール
2015/12/23
 
OpenStack Liberty によるクラウド基盤の構築です。
ここでは例として、Keystone, Glance, Nova, Horizon までは All in One 構成で 1台のサーバーにインストールします。
その他のコンポーネントはそれぞれのセクションの前提構成を参考にしてください。
まずは、OpenStack の各コンポーネントが必要とするいくつかのサービスを事前にインストールしておきます。
[1]
こちらを参考に NTPサーバーをインストールして、時刻同期ができるようにしておきます。
[2]
こちらを参考に KVMハイパーバイザをインストールしておきます。
なお、リンク先 [3] のブリッジの設定は必要ありません。後ほど OpenStack システムの中でブリッジ化されます。
[3]
[4] Openstack Liberty のリポジトリを追加しておきます。
root@dlp:~#
apt-get -y install software-properties-common

root@dlp:~#
add-apt-repository cloud-archive:liberty

root@dlp:~#
apt-get update

root@dlp:~#
apt-get -y upgrade

[5] RabbitMQ, Memcached をインストールしておきます。
root@dlp:~#
apt-get -y install rabbitmq-server memcached python-pymysql
# ユーザー追加 (password は任意のものを設定)

root@dlp:~#
rabbitmqctl add_user openstack password

Creating user "openstack" ...
root@dlp:~#
rabbitmqctl set_permissions openstack ".*" ".*" ".*"

Setting permissions for user "openstack" in vhost "/" ...
root@dlp:~#
/etc/init.d/rabbitmq-server restart

* Restarting message broker rabbitmq-server
root@dlp:~#
vi /etc/mysql/my.cnf
# 47行目:変更 & 追記

bind-address =
0.0.0.0
character-set-server = utf8
root@dlp:~#
/etc/init.d/mysql restart

 * Stopping MariaDB database server mysqld   
 * Starting MariaDB database server mysqld   
 * Checking for corrupt, not cleanly closed and upgrade needing tables.

root@dlp:~#
vi /etc/memcached.conf
# 35行目:変更

-l
0.0.0.0
root@dlp:~#
/etc/init.d/memcached restart

Restarting memcached: memcached.
関連コンテンツ
 
Tweet