Ubuntu 14.04
Sponsored Link

Nagios : 監視対象項目を追加する
2016/01/17
 
デフォルトの監視対象項目以外にも、様々な項目を監視対象として追加できます。 チェックプログラムを自身で作成して追加することも可能ですが、プラグインとしてパッケージで提供されているものも多数あるため、 主要な項目は容易に監視対象として追加可能です。さらに、以下のサイトではパッケージで提供されていないプラグインも多数提供されています。
⇒ http://exchange.nagios.org/
[1] プラグインはパッケージでも多数提供されています。
root@dlp:~#
apt-get search nagios-plugins-

i   nagios-plugins-basic            - Plugins for nagios compatible monitoring s
p   nagios-plugins-basic:i386       - Plugins for nagios compatible monitoring s
i A nagios-plugins-common           - Common files for plugins for nagios compat
p   nagios-plugins-common:i386      - Common files for plugins for nagios compat
p   nagios-plugins-contrib          - Plugins for nagios compatible monitoring s
p   nagios-plugins-contrib:i386     - Plugins for nagios compatible monitoring s
p   nagios-plugins-extra            - Plugins for the nagios network monitoring
p   nagios-plugins-extra:i386       - Plugins for the nagios network monitoring
p   nagios-plugins-openstack        - Plugins for nagios compatible monitoring O
i A nagios-plugins-standard         - Plugins for nagios compatible monitoring s
p   nagios-plugins-standard:i386    - Plugins for nagios compatible monitoring s
[2] 例として check_ntp を追加して NTPサーバーとの時間のずれを監視項目として追加します。
root@dlp:~#
vi /etc/nagios/objects/commands.cfg
# 最終行に追記

define command{
        command_name    check_ntp_time
        command_line    $USER1$/check_ntp_time -H $ARG1$ -w $ARG2$ -c $ARG3$
        }

root@dlp:~#
vi /etc/nagios/objects/localhost.cfg
# 最終行に追記 ( NTPサーバーとの時間が1秒差で Warning, 2秒差で Critical )

define service{
        use                             generic-service
        host_name                       localhost
        service_description             NTP_TIME
        check_command                   check_ntp_time!ntp1.jst.mfeed.ad.jp!1!2
        }

root@dlp:~#
/etc/init.d/nagios3 restart

[3] 追加設定した監視項目は Nagios 管理サイトにログインすると確認できます。
関連コンテンツ
 
Tweet