Ubuntu 14.04
Sponsored Link

GlusterFS : 分散構成
2014/05/31
 
分散ファイルシステム GlusterFS をインストールし、分散構成を設定します。
例として、2台の GlusterFS サーバーで分散構成のボリュームを作成し、GlusterFS クライアントからマウントして利用できるようにします。 2台のサーバーにファイル単位で分散保管される構成です。 なお、ここではサーバー2台/クライアント1台のシンプルな構成の例ですが、GlusterFS サーバーのボリュームは 2台以上構成も可能で、 且つ、ボリュームは複数クライアントからマウント可能です。
                                     +--------------------+
                            10.0.0.60|                    |
                               +-----+ GlusterFS Server#1 |
+-----------------+            | eth0|                    |
|                 |10.0.0.69   |     +--------------------+
| GlusterFS Clint |------------+
|                 |eth0        |     +--------------------+
+-----------------+            | eth0|                    |
                               +-----+ GlusterFS Server#2 |
                            10.0.0.61|                    |
                                     +--------------------+

[1] まずは 2台の GlusterFS サーバーに、以下のように同じ設定をしておきます。GlusterFS のボリュームに割り当てるディレクトリは、ルートパーティションとは別のパーティション上に作成することが推奨です。
root@gfs01:~#
apt-get -y install glusterfs-server
root@gfs01:~#
vi /etc/hosts
# GlusterFS サーバーを登録

10.0.0.60       gfs01.srv.world gfs01
10.0.0.61       gfs02.srv.world gfs02

# ボリュームに割り当てるディレクトリを作成しておく(任意の場所でよいが / パーティションとは別のパーティションが推奨)

root@gfs01:~#
mkdir /glusterfs/distributed

[2] どちらか一方のサーバーで以下の設定をします。
# 他のサーバーを探す

root@gfs01:~#
gluster peer probe gfs02

peer probe: success    
# 見つかった

# ステータスを見てみる

root@gfs01:~#
gluster peer status

Number of Peers: 1

Hostname: gfs02
Port: 24007
Uuid: 0575e5a1-651b-49f4-80ee-06cd06f1740b
State: Peer in Cluster (Connected)

# ボリュームを作成する

root@gfs01:~#
gluster volume create vol_distributed transport tcp \
gfs01:/glusterfs/distributed \
gfs02:/glusterfs/distributed

volume create: vol_distributed: success: please start the volume to access data
root@gfs01:~#
gluster volume start vol_distributed
   
# 作成したボリュームを起動

volume start: vol_distributed: success
root@gfs01:~#
gluster volume info
   
# 動作確認


Volume Name: vol_distributed
Type: Distribute
Volume ID: e462fde6-2cd8-4ea5-b32e-9cb01089187b
Status: Started
Number of Bricks: 2
Transport-type: tcp
Bricks:
Brick1: gfs01:/glusterfs/distributed
Brick2: gfs02:/glusterfs/distributed
[3] GlusterFS クライアント側の設定です。GlusterFS サーバー郡で構成されたボリュームをマウントして利用できるようにします。
root@gfsclient:~#
apt-get -y install glusterfs-client
# ボリュームを /mnt にマウント

root@gfsclient:~#
mount -t glusterfs gfs01.srv.world:/vol_distributed /mnt
# マウントできた

root@gfsclient:~#
df -h

Filesystem                           Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/dlp--vg-root             181G  1.1G  171G   1% /
none                                 4.0K     0  4.0K   0% /sys/fs/cgroup
udev                                 2.0G  4.0K  2.0G   1% /dev
tmpfs                                395M  876K  394M   1% /run
none                                 5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
none                                 2.0G     0  2.0G   0% /run/shm
none                                 100M     0  100M   0% /run/user
/dev/sda1                            236M   37M  188M  17% /boot
gfs01.srv.world:/vol_distributed  158G  112M  150G   1% /mnt
関連コンテンツ
 
Tweet