Ubuntu 13.04
Sponsored Link

バーチャルホストの設定
2013/05/12
 
仮想環境では1台の物理マシン内で仮想Webサーバーを複数立ち上げ、複数のドメイン名で運用することは当然可能ですが、 管理面の面倒さも出てくるので、複数のドメイン名を運用したいだけであれば、やはりこのバーチャルホストの方が手っ取り早いです。
以下の例では、バーチャルホストで運用するドメイン名「virtual.host」を、一般ユーザー「ringtail」のホームディレクトリ領域(/home/ringtail/public_html)に割り当てて アクセスできるようにしてみます。
事前に自サーバーでDNSに新たに設定するドメイン名のゾーン情報の登録が必要です。 さらに、外部からもアクセスできるようにするのであれば、新たに割り当てるドメイン名をレジストラでDNS登録しておく必要があります。
[1] バーチャルホストの設定
root@www:~#
vi /etc/apache2/sites-available/virtual.host
# virtual.host用設定ファイル新規作成

<VirtualHost *:80>
    ServerName www.virtual.host
    ServerAdmin webmaster@virtual.host
    DocumentRoot /home/ringtail/public_html
    ErrorLog /var/log/apache2/virtual.host.error.log
    CustomLog /var/log/apache2/virtual.host.access.log combined
    LogLevel warn
</VirtualHost>

root@www:~#
a2ensite virtual.host

Enabling site virtual.host.
Run '/etc/init.d/apache2 reload' to activate new configuration!
root@www:~#
/etc/init.d/apache2 restart

* Restarting web server apache2
... waiting ...done.
[2] テストページを作成して動作確認をします。以下のようなページが表示されればOKです。
ringtail@www:~$
cd public_html

ringtail@www:~/public_html$
vi virtual.cgi
#!/usr/bin/perl

print "Content-type: text/html\n\n";
print "<html>\n<body>\n";
print "<div style=\"width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align: center;\">\n";
print "Virtual Host Test Page";
print "\n</div>\n";
print "</body>\n</html>\n";

ringtail@www:~/public_html$
chmod 705 virtual.cgi

関連コンテンツ
 
Tweet