Ubuntu 12.04
Sponsored Link

日本語環境にする
2012/04/30
 
日本語環境にしたい場合は以下のようにします。
[1] 日本語関連のパッケージをグループインストールします。
root@dlp:~#
aptitude -y install language-pack-ja-base language-pack-ja
[2] システムの文字セットを変更します。
root@dlp:~#
update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

root@dlp:~#
source /etc/default/locale

root@dlp:~#
echo $LANG

ja_JP.UTF-8    
# 変更された

root@dlp:~#    
# 試しに何かしてみる

新しいUNIXパスワードを入力してください:    
# 日本語になっている

[3] システム全体の文字セットは変更せず、ユーザー固有で日本語環境にするなら、以下のように個別設定をしてください。
pangolin@dlp:~$
vi ~/.profile
# 最終行に追記

LANG=ja_JP.UTF-8
export LANG
pangolin@dlp:~$
source ~/.profile

pangolin@dlp:~$
echo $LANG

ja_JP.UTF-8    
# 変更された
[4] デスクトップ環境での日本語への変更は以下のようにします。 まず、右上の電源アイコンをクリックし、「System Settings」を開き、さらに「Language Support」をクリックして開きます。
[5] Language Support をインストールするために「Install」をクリックします。
[6] 自身のパスワードを入力します。
[7] 上段の言語リストの一番下に日本語があるので、マウス操作でドラッグ&ドロップして以下のように一番上に持ってきます。 その後、中段の「Apply System-Wide」ボタンをクリックします。
[8] 一旦ログアウトして、ログインし直すと、以下のように日本語に変更されています。
関連コンテンツ
 
Tweet