Ubuntu 11.04
Sponsored Link

サービスの管理
2011/04/29
  インストール直後は各種サービスが起動していますが、 システムの用途によっては不要なものもあるため、サービスの設定をしておきます。

[1] 当サイトと同じ構成でインストールした場合、管理ツールが入っていません。よってインストールしておきます。
root@dlp:~#
aptitude -y install sysv-rc-conf
[2] 基本的な使い方は RedHat系の chkconfig とほぼ同じです。用途に応じて必要なサービスはオンに、不要なサービスはオフにしてください。
root@dlp:~#
sysv-rc-conf --list
   
# サービス一覧表示

apparmor
S:on

apport
atd
bootlogd
console-setu
cron
dmesg
dns-clean
1:on   2:on   3:on   4:on   5:on

grub-common
2:on   3:on   4:on   5:on

halt
0:on

hostname
hwclock
hwclock-save
irqbalance
killprocs
1:on

module-init-
network-inte
network-inte
networking
0:on   6:on

ondemand
2:on   3:on   4:on   5:on

plymouth
plymouth-log
plymouth-spl
plymouth-sto
plymouth-ups
pppd-dns
1:on   2:on   3:on   4:on   5:on

procps
rc.local
2:on   3:on   4:on   5:on

reboot
6:on

rsync
1:off   2:on   3:on   4:on   5:on

rsyslog
screen-clean
S:on

sendsigs
0:on   6:on

setvtrgb
single
1:on

stop-bootlog
stop-bootlog
sudo
2:on   3:on   4:on   5:on

udev
udev-fallbac
udev-finish
udevmonitor
udevtrigger
ufw
umountfs
0:on   6:on

umountroot
0:on   6:on

urandom
0:on   6:on   S:on


root@dlp:~#
sysv-rc-conf rsync off
   
# rsyncの自動起動設定オフ

root@dlp:~#    
# 引数なしで対話モード起動


関連コンテンツ
 
Tweet