Ubuntu 11.04
Sponsored Link

Basic認証+LDAP
2011/05/04
  ある特定のページに対してアクセス制限をかけ、認証にはLDAPを使うようにします。 LAN内にLDAPサーバーが存在していることが前提です。

[1] 以下の例ではルートディレクトリ直下の test ディレクトリ配下を認証対象とします。アクセスはSSL経由を要求するようにします。
root@www:~#
a2enmod ldap authnz_ldap
   
# モジュールを有効にする

Enabling module ldap.
Considering dependency ldap for authnz_ldap:
Module ldap already enabled
Enabling module authnz_ldap.
Run '/etc/init.d/apache2 restart' to activate new configuration!

root@www:~#
vi /etc/apache2/conf.d/auth.conf


# 新規作成

<IfModule authnz_ldap_module>
<Directory /var/www/test>

SSLRequireSSL

AuthName "Authentication"

AuthType Basic

AuthBasicProvider ldap

AuthLDAPURL ldap://master.srv.world/dc=srv,dc=world?uid?sub?(objectClass=*)

Require ldap-filter objectClass=posixAccount

</Directory>

</IfModule>


root@www:~#
/etc/init.d/apache2 restart

* Restarting web server apache2
... waiting ...done.

root@www:~#
vi /var/www/test/index.html


# テストページ作成

<html>
<body>
<div style="width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align: center;">
Test Page for LDAP Auth
</div>
</body>
</html>
  Webブラウザからテストページにアクセスしてみます。 すると設定通り認証を求められますので、LDAPに登録してあるユーザーで認証します。
 
  アクセスできました。
 
関連コンテンツ
 
Tweet