Ubuntu 11.04
Sponsored Link

SSLの設定
2011/05/04
  SSLでの暗号化通信ができるように設定します。

[1] まずはこちらを参照してSSL証明書を作成します。

[2] SSLの設定
root@www:~#
vi /etc/apache2/sites-available/default-ssl


# 3行目:管理者アドレス変更

ServerAdmin
webmaster@srv.world


# 11,12行目:変更

Options FollowSymLinks
ExecCGI

AllowOverride
All


# 51,52行目:[1]で作成したものに変更

SSLCertificateFile
/etc/ssl/private/server.crt

SSLCertificateKeyFile
/etc/ssl/private/server.key


root@www:~#
a2ensite default-ssl

Enabling site default-ssl.
Run '/etc/init.d/apache2 reload' to activate new configuration!
root@www:~#
a2enmod ssl

Enabling module ssl.
See /usr/share/doc/apache2.2-common/README.Debian.gz on how to configure SSL and create self-signed certificates.
Run '/etc/init.d/apache2 restart' to activate new configuration!
root@www:~#
/etc/init.d/apache2 restart

* Restarting web server apache2
... waiting ...done.
[3] テストページにアクセスして動作確認をします。独自証明書なのでエラーが出ますが、 証明書がクライアントマシンにインストールされていないというだけで、全く問題ないので 続行します。
 
  アクセスできました。
 
  証明書エラーを回避するにはクライアントマシンに証明書をインストールする必要があります。 Internet Explorer 8 の例だと、以下のように証明書エラーの箇所をクリックして、 表示されたメニューから「証明書の表示」をクリックします。
 
  「証明書のインストール」をクリックします。これで次回からエラーなしでスムーズにアクセスすることができます。
 
関連コンテンツ