Solaris 10
Sponsored Link

鍵認証でログイン
2007/08/23
  クライアント用に秘密鍵、サーバー用に公開鍵を作成し、鍵認証でログインできるようにします。

[1] まずは鍵ペアを作成します。作業は鍵を作成したいユーザーで実行します。
$
ssh-keygen -t rsa

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/solaris/.ssh/id_rsa):
Created directory '/home/solaris/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):  
# パスフレーズ設定

Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/solaris/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/solaris/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx solaris@sun
$
cd .ssh

$
mv id_rsa.pub authorized_keys

$
chmod 600 authorized_keys

$
vi id_rsa


# このファイルの中身を全行コピーしてクライアントPCへ適当な名前のファイルを作成し その中へペーストする

-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
Proc-Type: 4,ENCRYPTED
*******************************
*******************************
-----END RSA PRIVATE KEY-----

$
rm id_rsa

$
su -

Password:
Sun Microsystems Inc. SunOS 5.10 Generic January 2005
#
vi /etc/ssh/sshd_config


# 119行目:パスワード認証不可に変更

PasswordAuthentication
no


#
svcadm restart ssh
[2] Puttyの本家サイト より 「puttygen.exe」 をダウンロードしてきます。

[3] インストールして(解凍して)、puttygen.exe を Putty と同じフォルダにいれ、実行すると下記のような画面がでます。 「Load」ボタンをクリックして [1] で作った秘密鍵を選択します。
 
[4] 秘密鍵を選択すると、下記画面のようにパスフレーズの入力を求められるので、 [1] で設定したパスフレーズを入力します。
 
[5] パスフレーズを入力すると下記画面のように完了のメッセージがでます。
 
[6] 「Save private key」ボタンを押して、適当な場所へ適当な名前で保存します。
 
[7] Putty 本体を起動し、下記画面のように、「認証」の欄で [6] で作成した鍵ファイルを選択します。
 
[8] 接続するホストのIPアドレスを入力し、「保存」したあと、「開く」で接続します。
 
関連コンテンツ