Solaris 10
Sponsored Link

SWATの導入
2008/08/16
  Webブラウザから Samba の管理を可能にするSWATを導入します。

[1] SWAT の設定をします。
#
chmod 644 /etc/inet/inetd.conf

#
vi /etc/inet/inetd.conf


# 最終行に追記

swat stream tcp nowait root /usr/sfw/sbin/swat swat


#
chmod 644 /etc/inet/services

#
vi /etc/inet/services


# 最終行に追記

swat 901/tcp


#
inetconv
# 追加したSWATをSMFに変換

inetconv: Notice: Service manifest for 100235/1 already generated as /var/svc/manifest/network/rpc/100235_1-rpc_ticotsord.xml, skipped
swat -> /var/svc/manifest/network/swat-tcp.xml
Importing swat-tcp.xml ...Done
[2] 以上の設定が終了したらクライアントPCのブラウザから「http://(サーバーのホスト名):901」にアクセスします。 当サイトの例でいうと、「http://lan.srv.world:901」となっています。 アクセスすると、まずユーザー名とパスワードを求められます。rootユーザーでログインします。 すると以下のようにブラウザから Samba の設定が行えるようになります。
 
関連コンテンツ
 
Tweet