Solaris 10
Sponsored Link

パッチの適用
2008/08/16
  運用前にパッチをあてておきます。

[1] システムインストール後の初回起動ですでにユーザー登録をしている場合は 必要ないですが、してない場合は、GUI停止の項 で 無効にした dtlogin を一旦有効にしてGUIでログインし、ターミナルを立ち上げて「updatemanager」とコマンドをうち、 出てきた画面の指示にしたがってユーザー登録をします。 私は登録をしていなかったのですが、ここは登録をしないと何もできないようです。

[2] ユーザー登録が終わったら以下のようにしてパッチの適用ができます。
#
smpatch analyze
# パッチリスト表示

#
smpatch update
# パッチの適用
[3] [2]で、ダウンロードだけであたらないパッチもでるので、以下のように再度適用コマンドをうちます。
#
smpatch add -x idlist=/var/sadm/spool/disallowed_patch_list
[4] 再起動中に適用されるパッチもあるので再起動します。
#
init 6
関連コンテンツ