Solaris 10
Sponsored Link

管理用一般ユーザー作成
2008/08/16
[1] 管理用の一般ユーザーを作成します。
#
useradd solaris
# 一般ユーザーsolarisを作成

#
passwd solaris
# solarisのパスワードを設定

New Password:
# 設定したいパスワードを入力

Re-enter new Password:
# パスワード再入力

passwd: password successfully changed for solaris
#
exit
# ログアウト

[2] 以降は、まず、一般ユーザーでログインし、必要があるときのみ、rootユーザーにスイッチして作業するようにします。 rootユーザーは何でもできるため、誤操作により重要なファイルを消してしまうのを避けるためです。
login as:
solaris
# ログインユーザー名を入力

password:
# パスワード入力

$
su -
# rootユーザーに遷移

Password:
# rootパスワード入力

Sun Microsystems Inc. SunOS 5.10 Generic January 2005
#
# rootユーザーに遷移完了

[3] rootになれるユーザーを限定します。とりあえずここでは[1]で追加したsolarisのみにします。 SUできるユーザーを追加したい場合は、以下で作成する対象のグループに追加します。
#
groupadd wheel
# 該当グループ追加

#
vi /etc/group
# 該当ファイル編集


wheel::100:
solaris
# 該当行:追加したいユーザー名を追記


#
chgrp wheel /usr/bin/su
# 所属グループ変更

#
chmod 4750 /usr/bin/su
# アクセス権変更

関連コンテンツ
 
Tweet