Solaris 10
Sponsored Link

BIND 設定
2008/08/16
  名前解決を行ってくれる DNS (Domain Name System) サーバーを、BIND9で構築します。 BIND9は当サイトと同じ手順でOSをインストールした場合、 デフォルトでインストールされているので改めて何かインストールする必要はありません。

また以下での設定は、グローバルアドレス[172.16.0.80/29], プライベートアドレス[192.168.0.0/24], ドメイン名[srv.world]と 仮定した場合の設定です。自分の環境に合わせて置き換えてください。 (172.16.0.80/29 は実際にはプライベート用のアドレスですが)
#
mkdir /var/named

# ルートネームサーバ一覧取得

#
dig @A.ROOT-SERVERS.NET > /var/named/named.ca

#
vi /etc/named.conf


options {
directory "/var/named";

# ゾーン情報転送許可範囲

allow-transfer { localhost; 192.168.0.0/24; };

# 問い合わせを許可する範囲

allow-query { localhost; 192.168.0.0/24; };

# 再帰検索を許可する範囲

allow-recursion { localhost; 192.168.0.0/24; };

};
controls {
inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndc-key; };

};
# 以下より、内部向けの定義を記述

view "internal" {
match-clients {

localhost;

192.168.0.0/24;

};

zone "." IN {

type hint;

file "named.ca";

};

zone "srv.world" IN {

type master;

file "srv.world.lan";

allow-update { none; };

};

zone "0.168.192.in-addr.arpa" IN {

type master;

file "0.168.192.db";

allow-update { none; };

};

zone "localhost" IN {

type master;

file "localhost.zone";

allow-update { none; };

};

zone "0.0.127.in-addr.arpa" IN {

type master;

file "named.local";

allow-update { none; };

};

};
# 以下より、外部向けの定義を記述

view "external" {
match-clients {

any;

};

zone "." IN {

type hint;

file "named.ca";

};

zone "srv.world" IN {

type master;

file "srv.world.wan";

allow-update { none; };

};

zone "80.0.16.172.in-addr.arpa" IN {

type master;

file "80.0.16.172.db";

allow-update { none; };

};

};
include "/etc/rndc.key";


# *注:「*.*.*.*.in-addr.arpa」と指定するところはネットワークアドレスを逆にしたものを入力

192.168.0.0/24 の場合
ネットワークアドレス
→ 192.168.0.0

ネットワークの範囲
→ 192.168.0.0 - 192.168.0.255

指定方法
→ 0.168.192.in-addr.arpa


172.16.0.80/29 の場合
ネットワークアドレス
→ 172.16.0.80

ネットワークの範囲
→ 172.16.0.80 - 172.16.0.87

指定方法
→ 80.0.16.172.in-addr.arpa
関連コンテンツ
 
Tweet