Scientific Linux 6
Sponsored Link

ZABBIX - 監視対象追加#2
2011/05/22
 
監視対象にWindowsホストを追加してみます。ここでは例として Windows Server 2008 を監視対象としてみます。 なお、監視対象の Windows 上でファイアウォールを有効にしている場合は、ポート10050 をあけておく必要があります。
[1] 監視対象の Windows ホストで以下のサイトからWindows用のバイナリファイルをダウンロードしてください。
http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/windows/
ダウンロード完了後ファイルをダブルクリックしてインストールしてください。インストール過程は特に迷うところはないので割愛します。
[2] インストールが完了したら ZABBIXの管理サイトにログインし、「Configuration」-「Hosts」を開き、「Create Host」をクリックします。
[3] 名前には適当なものを、DNS名にはDNS名を、IPアドレスには監視対象のIPアドレスを入力します。 接続方法はここでは「IPアドレス」にしました。さらに、画面右にスクロールしてください。
[4] 「Linked templates」の「Add」ボタンをクリックします。
[5] 以下のような画面が開くので右上の「Group」で「all」を選択し、一覧から「Template_Windows」にチェックを入れて、 下にある「Select」ボタンをクリックします。
[6] 追加した template にチェックを入れ、下の「Save」ボタンをクリックして終了します。
[7] 監視対象として追加されました。
関連コンテンツ
 
Tweet