Scientific Linux 6
Sponsored Link

Subversion - インストール/設定
2011/06/04
 
Subversion をインストールしてバージョン管理できるようにします。
例として、httpd と連携してSSL経由でWebDAV機能を使用し、ユーザー認証必須で Subversion を利用するよう設定します。 よってhttpdインストール済み, SSLの設定済みを前提とします。 ( httpd と連携させなくとも Subversion は利用できますが、それには新たにポートをあける必要があります。(デフォルトで3690番)
[1] Subversion のインストールと設定
[root@www ~]#
yum -y install subversion mod_dav_svn
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/subversion.conf
# 26-40行目:以下のようにコメント解除して変更

<Location /repos>
   DAV svn
   SVNParentPath /var/www/svn
# # Limit write permission to list of valid users.
   <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
      # Require SSL connection for password protection.
      SSLRequireSSL
      AuthType Basic
      AuthName "Authorization Realm"
      AuthUserFile
/etc/httpd/conf/.htpasswd

     
# アクセス制御設定ファイル指定

     
AuthzSVNAccessFile /etc/svnusers

      Require valid-user
   </LimitExcept>
</Location>
[root@www ~]#
vi /etc/svnusers
# 以下のように必要に応じてアクセス権を設定

[site:/]
# 全ユーザーに読み取り・書き込み許可

* = rw
# fermiは読み取り・書き込み許可

[site:/directory]
fermi = rw
# userBは読み取りのみ許可

userB = r
# userCは一切不許可

userC =
[root@www ~]#
mkdir -p /var/www/svn/site

[root@www ~]#
svnadmin create /var/www/svn/site
 
# リポジトリ作成

[root@www ~]#
chown -R apache. /var/www/svn

[root@www ~]#
htpasswd -c /etc/httpd/conf/.htpasswd fermi
 
# ユーザー追加

New password:
# パスワード設定

Re-type new password:
Adding password for user fermi
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:
[ OK ]

Starting httpd:
[ OK ]

関連コンテンツ
 
Tweet