SLES 11 SP4
Sponsored Link

iSCSIイニシエータの設定
2015/12/02
 
iSCSI イニシエーターの設定です。
ここの例で前提としている環境は以下の通りです。
+----------------------+          |          +----------------------+
| [   iSCSI Target   ] |10.0.0.30 | 10.0.0.31| [ iSCSI Initiator  ] |
|    dlp.srv.world     +----------+----------+   client.srv.world   |
|                      |                     |                      |
+----------------------+                     +----------------------+

[1] iSCSI イニシエーターとしての設定です。
client:~#
zypper -n install open-iscsi
client:~#
vi /etc/iscsi/iscsid.conf
# 58行目:コメント解除

node.session.auth.authmethod = CHAP
# 62,63行目:コメント解除してiSCSIターゲットで設定したユーザー名とパスワードを設定

node.session.auth.username =
username

node.session.auth.password =
password
client:~#
/etc/init.d/open-iscsi start

client:~#
chkconfig open-iscsi on
# ターゲットを discovery する

client:~#
iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 10.0.0.30

Loading iscsi modules:  tcp                              done
Starting iSCSI initiator service:                        done
Setting up iSCSI targets:                                unused
10.0.0.30:3260,1 iqn.2015-12.world.srv:target00
# discovery した後の状態確認

client:~#
iscsiadm -m node -o show

# BEGIN RECORD 2.0-873.suse
node.name = iqn.2015-12.world.srv:target00
node.tpgt = 1
node.startup = manual
node.leading_login = No
.....
.....
# discovery したターゲットにログインする

client:~#
iscsiadm -m node --login

Logging in to [iface: default, target: iqn.2015-12.world.srv:target00, portal: 10.0.0.30,3260] (multiple)
Login to [iface: default, target: iqn.2015-12.world.srv:target00, portal: 10.0.0.30,3260] successful.
# 確立しているセッションを確認

client:~#
iscsiadm -m session -o show

tcp: [1] 10.0.0.30:3260,1 iqn.2015-12.world.srv:target00 (non-flash)
# パーティションを確認してみる

client:~#
cat /proc/partitions

major minor  #blocks  name

 253        0   31457348 sda
 253        1    2103296 sda1
 253        2   29352960 sda2
   8        0   10485760 sdb
# ターゲット提供のデバイスが新たに「sdb」として認識されている

[2] iSCSI デバイス認識後は通常通り、パーティション作成 > ファイルシステム作成 > マウント、 の流れで iSCSI デバイスを利用可能です。
client:~#
zypper -n install parted
# ラベル作成

client:~#
parted --script /dev/sdb "mklabel msdos"

# パーティション作成

client:~#
parted --script /dev/sdb "mkpart primary 0% 100%"

# EXT4 でフォーマット

client:~#
mkfs.ext4 /dev/sdb1
# マウント

client:~#
mount /dev/sdb1 /mnt

client:~#
df -hT

Filesystem     Type   Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda2      ext3    28G  3.3G   24G  13% /
udev           tmpfs  1.9G  108K  1.9G   1% /dev
tmpfs          tmpfs  1.9G  648K  1.9G   1% /dev/shm
/dev/sdb1      ext4   9.9G  151M  9.2G   2% /mnt
関連コンテンツ