SLES 11 SP4
Sponsored Link

サービスの設定
2015/11/25
[1] 以下のコマンドでサービス一覧を出力可能です。
dlp:~ #
chkconfig --list | less

[2] 不要なサービスを停止するには以下のように設定します。例として、電源管理のサービス acpidを停止して、システムの起動時の自動起動設定をオフにします。
dlp:~ #
/etc/init.d/acpid stop

Shutting down acpid     done
dlp:~ #
chkconfig acpid off

[3] 当サイトと同じ構成でインストールした場合のデフォルトサービスの一覧の概要です。
SuSEfirewall2_init ファイアウォールの基本設定を提供
SuSEfirewall2_setup ファイアウォールの基本設定を提供
aaeventd AppArmorの通知とレポート機能を提供
acpid 電源管理
atd 指定時間にジョブを実行。atコマンドを使うために必要。
auditd ユーザー領域デーモン 。システムを監査しログに記録したりする。
autofs システム起動時にリムーバブルメディアを自動マウント
autoyast autoyastを実行するデーモン
cron ジョブの定期実行
dbus アプリケーション間でメッセージを送る
earlysyslog システムのログを記録
fbset フレームバッファデバイスの設定を提供
gpm コンソールでマウスが使用できる。
haldaemon ハードウェアの情報を収集。
ipmi OpenIPMIドライバのスタートスクリプト
irq_balancer マルチプロセッサ環境で他のCPUも割り込み処理を行なえる
ivman メディアのマウントを制御したり、デバイスの追加等のイベントで任意のコマンド実行を制御する
kbd キーボードを構成する
kexec システムの再起動なしで新しいカーネルをダイレクトにロードする
mdadmd ソフトウェアRAIDを監視(RAID1, RAID5 において有効。RAID0等では意味がない)
microcode.ctl Intel IA32 プロセッサ用のユーティリティ
multipathd 無効なpathをチェックする
network ネットワークシステム
network-remotefs NetworkManagerの起動を行ったりする
nfs NFSサーバー。ネットワーク上でファイルを共有する。
nscd 名前解決等のデータをキャッシュする
ntp タイムサーバーデーモン
openct スマートカード用のドライバを読み込む
pcscd スマートカードとの通信をサポート
pm-profiler 電源管理機能を有効/無効にするスクリプトインフラ
postfix SMTPサーバーデーモン
powerd UPSの監視を行う
random ある状態のスナップショットを起動時に読み込むスクリプト
raw rawキャラクタデバイスをバインドする
rpasswdd リモートからのセキュアなパスワードのアップデートを提供する
rpcbind NISやNFSなどのネットワークファイルシステム関連のデーモン
rpmconfigcheck RPM設定ファイルをスキャンする
rsyncd rsyncサーバーデーモン
saslauthd 認証機能を提供
setserial シリアルポートを初期化する
skeleton.compat ZYXを提供するデーモン
slpd ネットワーク・サービスを検索するデーモン
smartd HDDの障害予測を提供
splash スクリーンセットアップを提供する
splash_early ネットワーク起動後のアニメーションをカットする
sshd 暗号化通信を提供
syslog システムのログを記録
uuidd UUID(universally unique identifier) デーモン
xinetd xinetサーバーデーモン
ypbind NISクライアントに必要

関連コンテンツ
 
Tweet