SLES 15
Sponsored Link

バーチャルドメインの設定
2019/01/24
 
ホストに関連づけているドメイン名とは別のドメイン名も扱えるように、バーチャルドメインの設定をします。
例として、
新たに取得したドメイン名を [virtual.host],
ユーザー [suse] が通常のドメイン名で [suse@mail.srv.world] を利用し、
ユーザー [sles] が追加のドメイン名で [suse@mail.virtual.host] を利用します。
ユーザー [sles] の @前はユーザー [suse] と同じものを利用できるよう設定します。
バーチャルドメインで使うドメイン名も、名前解決ができるよう事前に DNS に登録しておいてください。
[1] バーチャルドメインの設定です。
mail:~ #
vi /etc/postfix/main.cf
# 785,786行目:コメント解除

virtual_alias_domains = hash:/etc/postfix/virtual
virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual
mail:~ #
vi /etc/postfix/virtual
# 行頭にでも追記

# [バーチャルドメイン名] anything

virtual.host anything
# [バーチャルアドレス] [実アカウント名]

suse@mail.virtual.host sles
mail:~ #
postmap /etc/postfix/virtual

mail:~ #
systemctl reload postfix

[2] 追加アカウントをメールクライアントへ設定し、送受信テストをして確認してください。
関連コンテンツ
 
Tweet