その他 Tips
Sponsored Link

Red Hat Enterprise Linux : サブスクリプションを登録する
2015/03/07
 
Redhat Enterprise Linux を利用するにあたっては、ライセンスに相当するサブスクリプションの登録が必要です。 サブスクリプションをアクティベートすることで、Redhat Network に接続して yum コマンドでのシステムアップデート等々、各種サポートを受けることができるようになります。
[1]
Redhat へのユーザー登録は以下のURLから登録可能です。
購入前に評価版をダウンロードして30日間評価利用可能ですが、評価版のダウンロードも購入品と同様、以下からユーザー登録をして、サブスクリプションをアクティベートする必要があります。
⇒ https://www.redhat.com/wapps/sso/login.html
[2] サブスクリプションをアクティベートして、Redhat Enterprise Linux の購入、または評価版の取得後、システムをインストールした後は、以下のようにして Redhat Network に接続できるようにします。
# 現在のサブスクリプション確認 (サブスクリプション未アクティベート状態では「Not Subscribed」になる)

# 未アクティベートの場合、[1] のサイトにログインし、アクティベートしておく

[root@dlp ~]#
subscription-manager list

+-------------------------------------------+
    Installed Product Status
+-------------------------------------------+
Product Name:   Red Hat Enterprise Linux Server
Product ID:     69
Version:        6.6
Arch:           x86_64
Status:         Not Subscribed
Status Details: Not supported by a valid subscription.
Starts:
Ends:

# サブスクリプションのアクティベート後はシステムを登録する

[root@dlp ~]#
subscription-manager register

Username:
username
   
# [1] で登録したユーザー名

Password:    
# [1] で登録したパスワード

The system has been registered with ID: xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
# 状態確認

[root@dlp ~]#
subscription-manager list --available

+-------------------------------------------+
    Available Subscriptions
+-------------------------------------------+
Subscription Name: 30 Day Red Hat Enterprise Linux Server Self-Supported Evaluation
Provides:          Red Hat Container Images Beta
                   Red Hat Beta
                   Red Hat Enterprise Linux Atomic Host Beta
                   Oracle Java (for RHEL Server)
                   Red Hat Container Images
                   Red Hat Enterprise Linux Server
                   Red Hat Enterprise Linux Atomic Host
SKU:               RH00065
Contract:          xxxxxxxxxx
Pool ID:           xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Available:         2
Suggested:         1
Service Level:     Self-Support
Service Type:      L1-L3
Subscription Type: Instance Based
Ends:              04/05/2015
System Type:       Physical

# システムに有効なサブスクリプションを割り当てる

# 「pool=xxx」には上で確認した「Pool ID」を指定する

[root@dlp ~]#
subscription-manager subscribe --pool=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

Successfully attached a subscription for: 30 Day Red Hat Enterprise Linux Server Self-Supported Evaluation
# 状態確認 (Subscribed となっていれば OK)

[root@dlp ~]#
subscription-manager list

+-------------------------------------------+
    Installed Product Status
+-------------------------------------------+
Product Name:   Red Hat Enterprise Linux Server
Product ID:     69
Version:        6.6
Arch:           x86_64
Status:         Subscribed
Status Details:
Starts:         03/06/2015
Ends:           04/05/2015

# 以上の設定後、Redhat Network に接続して 追加パッケージのインストールやシステムアップデートが可能となる

[root@dlp ~]#
yum check-update

Loaded plugins: product-id, security, subscription-manager

alsa-utils.x86_64            1.0.22-9.el6_6            rhel-6-server-rpms
at.x86_64                    3.1.10-44.el6_6.2         rhel-6-server-rpms
autofs.x86_64                1:5.0.5-109.el6_6.1       rhel-6-server-rpms
...
...
wget.x86_64                  1.12-5.el6_6.1            rhel-6-server-rpms
yum-rhn-plugin.noarch        0.9.1-52.el6_6            rhel-6-server-rpms
関連コンテンツ
 
Tweet