Fedora 37
Sponsored Link

デスクトップ環境 : VNC サーバーの設定
2022/11/18
 
VNC サーバーをインストールして、クライアント PC からグラフィカルにリモート接続できるようにします。
[1] VNC サーバーをインストールします。
[root@dlp ~]#
dnf -y install tigervnc-server
[2] Firewalld を有効にしている場合は、VNC サービスの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service=vnc-server

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --runtime-to-permanent

success
[3] 各ユーザー自身で VNC 環境の設定をします。
# VNC パスワード設定

[fedora@dlp ~]$
vncpasswd

Password:
Verify:
Would you like to enter a view-only password (y/n)?
n
[Password@dlp ~]$
vi ~/.vnc/config
# 新規作成
# session=(使用するディスプレイマネージャー)
# securitytypes=(セキュリティオプション)
# geometry=(画面のサイズ)

session=gnome
securitytypes=vncauth,tlsvnc
geometry=800x600
[4] root 権限で VNC を利用する (ディスプレイ番号)=(ユーザー名) を定義して、Systemd Unit を起動します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/tigervnc/vncserver.users
# 最終行に追記
# 説明にある通り [:(ディスプレイ番号)=(ユーザー名)] と指定する
# ディスプレイ番号 1 は 5901 番ポートをリスンする
# ディスプレイ番号 n + 5900 = リスンするポート
# ex : ディスプレイ番号 7 + 5900 = 5907 番ポートをリスン

#
# This file assigns users to specific VNC display numbers.
# The syntax is <display>=<username>. E.g.:
#
# :2=andrew
# :3=lisa
:1=fedora
:2=redhat

# 設定したディスプレイ番号分起動する

[root@dlp ~]#
systemctl enable --now vncserver@:1 vncserver@:2
[5]
クライアントコンピューターに VNC クライアントをインストールして VNC サーバーに接続します。
Windows 11 と UltraVNC を例にします。
下記サイトより、最新版の UltraVNC をダウンロードします。
⇒ https://www.uvnc.com/downloads/ultravnc.html
ダウンロード後、インストールして [UltraVNC Viewer] を起動します。
以下の画面が起動したら [VNC Server] の欄に [(サーバーのホスト名または IP アドレス):([1]で指定したディスプレイ番号)] と指定し、[Connect] ボタンをクリックします。
[6] VNC パスワードの入力を求められるので、[1] で設定したパスワードを入力します。
[7] VNC で接続できました。
関連コンテンツ