Fedora 36
Sponsored Link

Squid : リバースプロキシの設定
2022/05/27
 
Squid のリバースプロキシとしての設定です。
Squid をリバースプロキシとして Web サーバーの前面にたてることで、処理性能の向上やサーバーのセキュリティ向上に役立ちます。
[1]
[2] Squid の設定です。
[root@dlp ~]#
vi /etc/squid/squid.conf
# 56行目 : 追記 (http アクセス全て許可)
http_access allow all 
# And finally deny all other access to this proxy
http_access deny all

# 61行目 : 以下のように変更 (defaultsite は転送先 Web サーバーを指定)
#http_port 3128
http_port 80 accel defaultsite=www.srv.world
https_port 443 accel defaultsite=www.srv.world cert=/etc/letsencrypt/live/dlp.srv.world/fullchain.pem key=/etc/letsencrypt/live/dlp.srv.world/privkey.pem

# 65行目 : コメント解除
# 数字の意味 ⇒ [ディスクキャッシュサイズ] [第1階層のディレクトリ数] [第2階層のディレクトリ数]
cache_dir ufs /var/spool/squid 100 16 256

# 最終行に追記
cache_peer www.srv.world parent 80 0 no-query originserver 

# メモリキャッシュサイズ
cache_mem 256 MB 

# ホスト名定義
visible_hostname dlp.srv.world 

[root@dlp ~]#
systemctl enable --now squid

[3] Firewalld を有効にしている場合は、HTTP/HTTPS サービスの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service={http,https}

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --runtime-to-permanent

success
[4] ローカルネットワーク内の DNS の設定や、必要であればルーターの設定を変更して、Squid のサーバーで HTTP/HTTPS アクセスを受け付けるように設定変更します。変更後、クライアントコンピューター等から Web ブラウザーで Squid のサーバーへアクセスし、以下のように設定したバックエンドサーバーが応答することを確認しておきます。
関連コンテンツ