Fedora 36
Sponsored Link

DHCP : クライアントの設定 : Fedora
2022/05/19
 
ローカルネットワーク内のクライアントコンピューターが DHCP サーバーから IP アドレスを自動取得できるようにします。
[1] Fedora クライアントで DHCP サーバーから IP アドレスを自動取得するには以下のように設定します。
[dhcp-client] パッケージは最小構成でもインストールされますが、もしインストールされていない場合は、先にインストールしておきます。
また、下例のネットワークインターフェース名 [enp1s0] の箇所は環境によって異なるため、適宜、自身の環境に読み替えてください。
# インストールされていない場合はインストール

[root@client ~]#
dnf -y install dhcp-client
[root@client ~]#
nmcli connection modify enp1s0 ipv4.method auto

[root@client ~]#
nmcli connection down enp1s0; nmcli connection up enp1s0
DHCP : クライアントの設定 : Windows
 
Windows クライアントで DHCP サーバーから IP アドレスを自動取得するには以下のように設定します。Windows 11 を例にします。
[2] スタートメニュー右クリックの [ネットワーク接続] を開き、[プロパティ] をクリックします。
[3] [IP 割り当て] の項目が [DHCP] になっていれば OK です。なっていない場合は [編集] ボタンをクリックします。
[4] [編集] ボタンをクリックした場合、以下の画面になります。[自動 (DHCP)] を選択して保存します。
[5] ネットワークの状態を確認し、以下のように IP アドレスが自動割り当てされていれば OK です。
関連コンテンツ