Fedora 34
Sponsored Link

Active Directory ドメインに参加する
2021/04/30
 
Windows の Active Directory ドメインに参加します。
ローカルネットワーク内に Active Directory Domain Service が稼働していることが前提です。
当例では、以下のような Active Directory ドメイン環境で設定します。
ドメインサーバー : Windows Server 2019
ドメイン名 : srv.world
ホスト名 : fd3s.srv.world
NetBIOS 名 : FD3S01
レルム : SRV.WORLD
[1] 必要なパッケージをインストールしておきます。
[root@dlp ~]#
dnf -y install realmd sssd oddjob oddjob-mkhomedir adcli samba-common-tools
[2] Active Directory ドメインに参加します。
# 参照する DNS を AD に変更しておく

[root@dlp ~]#
nmcli connection modify enp1s0 ipv4.dns 10.0.0.100

[root@dlp ~]#
nmcli connection down enp1s0; nmcli connection up enp1s0

Connection 'enp1s0' successfully deactivated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/1)
Connection successfully activated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/2)
# Active Directory ドメインを discover する

[root@dlp ~]#
realm discover SRV.WORLD

srv.world
  type: kerberos
  realm-name: SRV.WORLD
  domain-name: srv.world
  configured: no
  server-software: active-directory
  client-software: sssd
  required-package: oddjob
  required-package: oddjob-mkhomedir
  required-package: sssd
  required-package: adcli
  required-package: samba-common-tools

# Active Directory ドメインに join する

[root@dlp ~]#
realm join SRV.WORLD

Password for Administrator:  
# AD の Administrator パスワード
# 任意の AD ユーザーの情報が取得できるか確認

[root@dlp ~]#
id Serverworld@srv.world

uid=691201105(serverworld@srv.world) gid=691200513(domain users@srv.world) groups=691200513(domain users@srv.world),691200572(denied rodc password replication group@srv.world),691200512(domain admins@srv.world)
# 任意の AD ユーザーでログイン可能か確認

[root@dlp ~]#
exit

logout

Fedora 34 (Server Edition)
Kernel 5.11.12-300.fc34.x86_64 on an x86_64 (ttyS0)

Activate the web console with: systemctl enable --now cockpit.socket

dlp login: Serverworld@srv.world 
Password:
Creating home directory for Serverworld@srv.world.
[serverworld@srv.world@dlp ~]$   # ログインできた
[3] AD ユーザーを指定する際に、ドメイン名を省略したい場合は、以下のように設定します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/sssd/sssd.conf
# 16行目 : 変更

use_fully_qualified_names =
False
[root@dlp ~]#
systemctl restart sssd

[root@dlp ~]#
id Administrator

uid=691200500(administrator) gid=691200513(domain users) groups=691200513(domain users),691200572(denied rodc password replication group),691200512(domain admins),691200518(schema admins),691200520(group policy creator owners),691200519(enterprise admins)
[4]
AD ユーザーの UID/GID はランダムに割り当てられますが、固定したい場合は、以下のように設定します。
事前に、こちらを参考に Active Directory 側で AD ユーザーに UNIX 属性を追加しておきます
当例ではリンク先の通り、[uidNumber/gidNumber] 属性を追加して進めます。
次に Fedora 側で SSSD の設定を変更します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/sssd/sssd.conf
# 17行目 : 変更

ldap_id_mapping =
False
# 最終行に追記

ldap_user_uid_number = uidNumber
ldap_user_gid_number = gidNumber
# キャッシュをクリアして再起動

[root@dlp ~]#
rm -f /var/lib/sss/db/*

[root@dlp ~]#
systemctl restart sssd
[root@dlp ~]#
id serverworld

uid=5000(serverworld) gid=5000(linuxgroup) groups=5000(linuxgroup)
関連コンテンツ