Fedora 34
Sponsored Link

Podman : 外部ストレージを利用する
2021/05/14
 
コンテナーが破棄されると当然コンテナー内部のデータも消失するため、コンテナーで作成したデータを永続化するには、外部ストレージを利用する必要があります。
[1] ホスト側の任意のディレクトリーをコンテナーにマウントして利用することができます。
# 任意のデータ保管用ディレクトリー作成

[root@dlp ~]#
mkdir /var/lib/containers/disk01

[root@dlp ~]#
echo "persistent storage" >> /var/lib/containers/disk01/testfile.txt

# 作成したディレクトリーをコンテナーの [/mnt] にマウントして起動

# SELinux が [Enforcing] の場合は以下のように [--privileged] オプションが必要

[root@dlp ~]#
podman run --privileged -it -v /var/lib/containers/disk01:/mnt fedora /bin/bash
[root@a058ab641f53 /]#
df -hT /mnt

Filesystem                     Type  Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/fedora_fedora-root xfs    78G  3.2G   75G   5% /mnt

[root@a058ab641f53 /]#
cat /mnt/testfile.txt

persistent storage
[2] データボリュームを作成して利用することもできます。
# [volume01] ボリューム作成

[root@dlp ~]#
podman volume create volume01

volume01
# ボリューム一覧表示

[root@dlp ~]#
podman volume ls

DRIVER      VOLUME NAME
local       volume01

# [volume01] の詳細表示

[root@dlp ~]#
podman volume inspect volume01

[
    {
        "Name": "volume01",
        "Driver": "local",
        "Mountpoint": "/var/lib/containers/storage/volumes/volume01/_data",
        "CreatedAt": "2021-05-13T00:20:33.575323582-04:00",
        "Labels": {},
        "Scope": "local",
        "Options": {}
    }
]

# [volume01] を コンテナー上の [/mnt] にマウントして起動

[root@dlp ~]#
podman run -it -v volume01:/mnt fedora
[root@bd6a19a36832 /]#
df -hT /mnt

Filesystem                     Type  Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/fedora_fedora-root xfs    78G  3.2G   75G   5% /mnt

[root@bd6a19a36832 /]#
echo "Podman Volume test" > /mnt/testfile.txt

[root@bd6a19a36832 /]#
exit
[root@dlp ~]#
cat /var/lib/containers/storage/volumes/volume01/_data/testfile.txt

Podman Volume test
# 別コンテナーからも利用可

[root@dlp ~]#
podman run -v volume01:/var/volume01 fedora /usr/bin/cat /var/volume01/testfile.txt

Podman Volume test
# ボリュームを削除する場合は以下

[root@dlp ~]#
podman volume rm volume01

Error: volume volume01 is being used by the following container(s): 509ddc995e83074215db53af4dd1f9d8ae2cae504539e086cab75713fea95e03, bd6a19a368327b1533b5202326a0f71daf3b31f894fbe394d00ecd56ca8537d0: volume is being used

# 上記のようにコンテナーがボリュームを使用中の場合は削除不可のため

# ボリュームを削除したい場合は先にコンテナーを削除

[root@dlp ~]#
podman rm 509ddc995e83074215db53af4dd1f9d8ae2cae504539e086cab75713fea95e03

[root@dlp ~]#
podman rm bd6a19a368327b1533b5202326a0f71daf3b31f894fbe394d00ecd56ca8537d0
[root@dlp ~]#
podman volume rm volume01

volume01
関連コンテンツ