Fedora 34
Sponsored Link

Apache httpd : PHP スクリプトを利用する
2021/05/18
 
Apache httpd で PHP スクリプトを利用します。
[1] PHP をインストールしておきます。
[root@www ~]#
dnf -y install php php-mbstring php-pear
[2]
PHP インストール後は、Apache httpd を再起動すれば OK です。
[mod_php] は Deprecated となり、デフォルトで PHP-FPM (FPM : FastCGI Process Manager) が呼び出されるようになっています。
[/usr/lib/systemd/system/httpd.service.d/php-fpm.conf] の設定ファイルによって、[httpd] の起動と連動して [php-fpm] サービスも起動されます。
[root@www ~]#
systemctl restart httpd

[root@www ~]#
systemctl status php-fpm

*  php-fpm.service - The PHP FastCGI Process Manager
     Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/php-fpm.service; disabled; vendor >
     Active: active (running) since Tue 2021-05-17 18:55:37 JST; 8s ago
   Main PID: 26439 (php-fpm)
     Status: "Ready to handle connections"
      Tasks: 6 (limit: 4664)
     Memory: 10.0M
        CPU: 54ms
     CGroup: /system.slice/php-fpm.service

# PHPInfo を作成して動作確認

[root@www ~]#
echo '<?php phpinfo(); ?>' > /var/www/html/info.php

[3] クライアントコンピューターから Web ブラウザで PHPInfo テストページにアクセスして、正常にページが表示されれば OK です。
関連コンテンツ