Fedora 32
Sponsored Link

OpenSSH : パスワード認証
2020/05/01
 
SSH サーバーを構成し、リモートコンピューターからサーバーに接続して操作できるようにします。
[1] SSH サーバーは Fedora 最小構成インストールでも、デフォルトで OpenSSH がインストールされます。またデフォルトで自動起動設定になっているため、パスワード認証方式でのログインは可能となっています。
[root@dlp ~]#
systemctl status sshd

*  sshd.service - OpenSSH server daemon
     Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/sshd.service; enabled; vendor pres>
     Active: active (running) since Thu 2020-04-30 23:37:36 EDT; 8min ago
       Docs: man:sshd(8)
             man:sshd_config(5)
   Main PID: 807 (sshd)
      Tasks: 1 (limit: 4665)
     Memory: 2.5M
        CPU: 14ms
     CGroup: /system.slice/sshd.service
             +- 807 /usr/sbin/sshd -D -oCiphers=aes256-gcm@openssh.com,chacha20->
[2] Firewalld を有効にしている場合は、SSH サービスの許可が必要です。SSH は [22/TCP] を使用します。(通常はデフォルトで許可済み)
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service=ssh --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
SSH クライアントの設定 : Fedora
 
SSH クライアントの設定です。Fedora を例にします。
[3] SSH クライアントをインストールします。
[root@client ~]#
dnf -y install openssh-clients
[4] 任意の一般ユーザーで SSH サーバーに接続します。
# ssh [ログインユーザー@ホスト名 または IP アドレス]

[root@client ~]#
ssh fedora@dlp.srv.world

The authenticity of host 'dlp.srv.world (10.0.0.30)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:WMCgZZSX9WHA+CCaEM3LqQezWKMsSq+AmsvdFzHWdVQ.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])? yes
Warning: Permanently added 'dlp.srv.world,10.0.0.30' (ECDSA) to the list of known hosts.
fedora@dlp.srv.world's password:
Web console: https://dlp.srv.world:9090/ or https://10.0.0.30:9090/

[fedora@dlp ~]$   # ログインできた
[5] SSH コマンドの引数にコマンドを指定することで、リモートホストで任意のコマンドが実行可能です。
# 例としてリモートホストの /etc/passwd を cat する

[fedora@client ~]$
ssh fedora@dlp.srv.world "cat /etc/passwd"

fedora@dlp.srv.world's password:
root:x:0:0:root:/root:/bin/bash
bin:x:1:1:bin:/bin:/sbin/nologin
daemon:x:2:2:daemon:/sbin:/sbin/nologin
.....
.....
dnsmasq:x:989:989:Dnsmasq DHCP and DNS server:/var/lib/dnsmasq:/usr/sbin/nologin
tcpdump:x:72:72::/:/sbin/nologin
fedora:x:1000:1000::/home/fedora:/bin/bash
SSH クライアントの設定 : Windows #1
 
SSH クライアントの設定です。Windows を例にします。
[6]
Windows クライアント側で SSH クライアント ソフトウェアを用意します。
一般的には TeraTerm (sourceforge.jp/projects/ttssh2/) や Putty (www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/) 等が有名です。
当例では Putty を使用します。
Putty をダウンロード/インストールして起動後、以下の画面で、 [Host Name] にサーバーの ホスト名または IP アドレスを入力し [Open] ボタンをクリックします。
[7] ユーザー名とパスワードを入力して認証すると、以下のように Fedora サーバーに SSH でリモートログインすることができます。
SSH クライアントの設定 : Windows #2
[8] Windows 10 バージョン 1803 以降を使用中の場合は、OpenSSH クライアントが標準で実装されています。 これにより、Putty 等の SSH クライアントを用意しなくとも、Windows の標準機能で SSH サーバーへ接続可能です。 なお、OpenSSH のため、操作方法は [4], [5] の Fedora クライアントと同様です。
関連コンテンツ