Fedora 32
Sponsored Link

Mail サーバー : Postfix インストール
2020/05/19
 
Postfix をインストールして SMTP サーバーを構築します。
[1] Postfix をインストールします。
[root@mail ~]#
dnf -y install postfix
[2] メール不正中継防止のため、後述の Dovecot の SASL 機能を利用して、送信にも認証を要求するように Postfix を設定します。
[root@mail ~]#
vi /etc/postfix/main.cf
# 95行目:コメント解除しホスト名指定

myhostname =
mail.srv.world
# 102行目:コメント解除しドメイン名指定

mydomain =
srv.world
# 118行目:コメント解除

myorigin = $mydomain
# 135行目:変更

inet_interfaces =
all
# 138行目:IPv4 のみをリスンする場合は変更

inet_protocols =
ipv4
# 183行目:追記

mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
, $mydomain
# 283行目:コメント解除し自ネットワーク追記

mynetworks = 127.0.0.0/8,
10.0.0.0/24
# 438行目:コメント解除し Maildir 形式へ移行

home_mailbox = Maildir/
# 593行目:追記

smtpd_banner = $myhostname ESMTP
# 最終行へ追記

# 例として送受信メールサイズを 10M に制限
message_size_limit = 10485760
# 例としてメールボックスサイズを 1G に制限
mailbox_size_limit = 1073741824

# SMTP-Auth 設定
smtpd_sasl_type = dovecot
smtpd_sasl_path = private/auth
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_sasl_security_options = noanonymous
smtpd_sasl_local_domain = $myhostname
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks, permit_auth_destination, permit_sasl_authenticated, reject

[root@mail ~]#
systemctl enable --now postfix

[3] Firewalld を有効にしている場合は、SMTP サービスの許可が必要です。 SMTP は [25/TCP] を使用します。
[root@mail ~]#
firewall-cmd --add-service=smtp --permanent

success
[root@mail ~]#
firewall-cmd --reload

success
関連コンテンツ