Fedora 31
Sponsored Link

Samba : クライアントからの共有アクセス (Fedora)
2019/11/20
 
Samba で設定した共有フォルダーに、クライアントコンピューターからアクセスします。
[1] Fedora クライアントから CUI でアクセスする場合は以下のように実行します。
[root@node01 ~]#
dnf -y install samba-client cifs-utils
# [smbclient] コマンドでアクセスする

# smbclient (共有名) -U (ユーザー名)

[root@node01 ~]#
smbclient '\\smb.srv.world\Share01' -U fedora

Enter SAMBA\fedora's password:
Try "help" to get a list of possible commands.
smb: \> ls 
  .                                   D        0  Fri Nov  1 19:55:09 2019
  ..                                  D        0  Fri Nov  1 19:45:00 2019
  新しいフォルダー                    D        0  Fri Nov  1 19:55:05 2019
  新しいテキスト ドキュメント.txt     A        0  Fri Nov  1 19:55:09 2019

                27245572 blocks of size 1024. 25679240 blocks available

# ファイルをダウンロードする
smb: \> mget "新しいテキスト ドキュメント.txt" 
Get file 新しいテキスト ドキュメント.txt? y
getting file \新しいテキスト ドキュメント.txt of size 0 as 新しいテキスト ドキュメント.txt (0.0 KiloBytes/sec) (average 0.0 KiloBytes/sec)
smb: \> !ls
 anaconda-ks.cfg   mariadb_backup.tar.gz
 mariadb_backup   '新しいテキスト ドキュメント.txt'
smb: \> exit


# [mount] コマンドでアクセスする

# [vers=(SMB プロトコルのバージョン)]

# [username=(認証するユーザー名)]

[root@node01 ~]#
mount -t cifs -o vers=3.0,username=fedora '\\smb.srv.world\Share01' /mnt

Password for fedora@\smb.srv.world\Share:  ********     # 認証ユーザーのパスワード
[  293.807990] CIFS VFS: error -95 on ioctl to get interface list
# 上記エラーは動作には影響ない ([vers=2.x] でマウントした場合は表示されない)

[root@node01 ~]#
df -hT

Filesystem            Type      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs              devtmpfs  1.9G     0  1.9G   0% /dev
tmpfs                 tmpfs     1.9G     0  1.9G   0% /dev/shm
tmpfs                 tmpfs     1.9G  8.5M  1.9G   1% /run
tmpfs                 tmpfs     1.9G     0  1.9G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mapper/cl-root   xfs        26G  1.5G   25G   6% /
/dev/vda1             ext4      976M  126M  783M  14% /boot
tmpfs                 tmpfs     379M     0  379M   0% /run/user/0
\\smb.srv.world\Share cifs       26G  1.6G   25G   6% /mnt

# 認証不要の共有へアクセスする場合は [none] 指定

[root@node01 ~]#
mount -t cifs -o vers=3,username=none,password=none '\\smb.srv.world\Share' /mnt

Samba : クライアントからの共有アクセス (Windows)
 
Windows クライアントからの共有アクセスです。Windows 10 を例にします。
[2] [PC] を開き、[ネットワーク] を右クリックして [ネットワークドライブの割り当て] を選択します。
[3] 画面の例にも記載がありますが、フォルダーの欄に [\\サーバー名\共有フォルダ名] と指定します。
[4] 認証不要の設定をしていない通常の共有の場合は、認証を求められます。Samba に登録した ユーザー/パスワード を入力して認証します。
[5] 認証が成功すると、共有フォルダーにアクセスできます。設定した通りに読み書き可能か確認しておくとよいでしょう。
関連コンテンツ