Fedora 31
Sponsored Link

NTP : サーバーの設定
2019/11/12
 
Chrony をインストールして、時刻同期サービスを提供する NTP サーバーを構築します。
[1] Chrony のインストールと設定です。
[root@dlp ~]#
dnf -y install chrony
[root@dlp ~]#
vi /etc/chrony.conf
# 3行目: 時刻同期する NTP サーバーを変更

# NTP サーバー自身も NTP クライアントとして他の NTP サーバーと時刻同期

#
pool 2.centos.pool.ntp.org iburst
pool ntp.nict.jp iburst
# 24行目: NTP クライアントからの時刻同期リクエストを受け付けるネットワークを追記

# 自身のローカルネットワーク等を指定

# 指定しない場合はローカルホストのみ

allow 10.0.0.0/24
[root@dlp ~]#
systemctl enable --now chronyd

[2] Firewalld を有効にしている場合は NTP サービスの許可が必要です。なお、NTP は [123/UDP] を使用します。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service=ntp --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
[3] 動作確認をしておきます。以下のように結果が返ってくれば OK です。
[root@dlp ~]#
chronyc sources

210 Number of sources = 4
MS Name/IP address         Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^- ntp-a3.nict.go.jp             1   6    17     8   -737us[ -737us] +/-   10ms
^- ntp-b3.nict.go.jp             1   6    17     8  -1502us[-1502us] +/-   10ms
^- ntp-b2.nict.go.jp             1   6    17     8  -2344us[-2344us] +/-   12ms
^* ntp-a2.nict.go.jp             1   6    17     9   +200us[ +852us] +/- 9250us
関連コンテンツ