Fedora 31
Sponsored Link

DHCP : サーバーの設定
2019/11/15
 
DHCP ( Dynamic Host Configuration Protocol ) サーバーを構築し、ローカルネットワーク内のクライアントコンピューターに IP アドレスの自動割当ができるようにします。
[1] DHCP のインストールと設定です。当例では IPv4 についてのみ例示します。
[root@dlp ~]#
dnf -y install dhcp-server
[root@dlp ~]#
vi /etc/dhcp/dhcpd.conf
# 以下の内容で新規作成

# ドメイン名指定

option domain-name     "srv.world";
# ネームサーバーのホスト名, または IP アドレス指定

option domain-name-servers     dlp.srv.world;
# デフォルト貸出期間

default-lease-time 600;
# 最大貸出期間

max-lease-time 7200;
# 正当な DHCP サーバーであることの宣言

authoritative;
# ネットワークアドレスとサブネットマスク指定

subnet 10.0.0.0 netmask 255.255.255.0 {
    # 貸し出す IP アドレスの範囲指定
    range dynamic-bootp 10.0.0.200 10.0.0.254;
    # ブロードキャストアドレス指定
    option broadcast-address 10.0.0.255;
    # ゲートウェイアドレス指定
    option routers 10.0.0.1;
}

[root@dlp ~]#
systemctl enable --now dhcpd

[2] Firewalld を有効にしている場合は DHCP サービスの許可が必要です。DHCPサーバー は [67/UDP] を使用します。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service=dhcp --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
関連コンテンツ