Fedora 30
Sponsored Link

KVM : SPICEクライアント : Fedora
2019/05/09
 
SPICE クライアントから SPICE 対応で起動した仮想マシンにリモート接続します。
[1] デスクトップ環境をインストールした Fedora クライアントで、[dnf install virt-viewer] で Virt Viewer をインストールした後、以下のように [Remote Viewer] を起動します。
[2] [spice://サーバー名またはIPアドレス]:[設定したポート] を入力して、[Connect] ボタンをクリックします。
[3] 設定したパスワードを入力し、[OK] ボタンをクリックします。
[4] 認証に成功すると、以下のように接続できます。
SPICEクライアント : Windows
 
Windows 用の SPICE クライアントも配布されているので、Windows からも接続できます。
例として Windows 10 から接続します。
[5] Windows 用の SPICE クライアントを下記サイトからダウンロードします。
⇒ https://virt-manager.org/
[virt-viewer Windows installer] をダウンロードしてインストールします。
インストール後、 [Remote Viewer] を起動すると以下のような画面になります。 ここで上段の URLフィールドに、以下のように [spice://サーバー名(IPアドレス):ポート] と入力し、[Connect] ボタンをクリックします。
[6] パスワードの入力を求められますので、設定した SPICE パスワードを入力します。
[7] 接続できました。
関連コンテンツ