Fedora 29
Sponsored Link

Samba AD DC : クライアントのドメイン参加
2018/11/09
 
クライアントコンピューターから Samba AD DC にドメイン参加します。
例として、Windows Server 2016 クライアントからドメイン参加します。
[1] 事前に DNS の参照先を Samba AD DC に変更しておきます。
[2] システムのプロパティを開き、[所属するグループ] で Samba AD DC のドメインを指定します。
[3] Administrator で認証します。パスワードは Samba AD DC の設定で指定したパスワードです。
[4] 認証に成功すると、ドメイン参加になります。この後は一旦システムを再起動する必要があります。
[5] Administrator または Samba AD DC に登録したユーザーでログオン可能です。
[6] Samba Active Directory ドメインにログオンできました。
関連コンテンツ
 
Tweet