Fedora 25
Sponsored Link

FreeIPA クライアントの設定
2016/11/28
 
FreeIPA サーバーのユーザーアカウント情報を共有できるように FreeIPA クライアントとしての設定をします。
[1] FreeIPA クライアントとするホストに FreeIPA クライアントツールをインストールします。
[root@www ~]#
dnf -y install freeipa-client
[2] FreeIPA クライアントとしてセットアップします。時刻は FreeIPA サーバー側と同期させておいてください。
# FreeIPAサーバーとドメイン名を指定してセットアップ

[root@www ~]#
ipa-client-install --server=dlp.srv.world --domain SRV.WORLD

Autodiscovery of servers for failover cannot work with this configuration.
If you proceed with the installation, services will be configured to always access the discovered 
server for all operations and will not fail over to other servers in case of failure.
Proceed with fixed values and no DNS discovery? [no]: yes
Client hostname: www.srv.world
Realm: SRV.WORLD
DNS Domain: SRV.WORLD
IPA Server: dlp.srv.world
BaseDN: dc=srv,dc=world

# 設定を確認して yes 
Continue to configure the system with these values? [no]: yes
Skipping synchronizing time with NTP server.
# admin で応答
User authorized to enroll computers: admin
# admin パスワードを入力
Password for admin@SRV.WORLD:
Successfully retrieved CA cert
    Subject:     CN=Certificate Authority,O=SRV.WORLD
    Issuer:      CN=Certificate Authority,O=SRV.WORLD
    Valid From:  Wed Nov 30 08:20:51 2016 UTC
    Valid Until: Sun Nov 30 08:20:51 2036 UTC

Enrolled in IPA realm SRV.WORLD
.....
.....
SSSD enabled
Configured /etc/openldap/ldap.conf
Configured /etc/ssh/ssh_config
Configured /etc/ssh/sshd_config
Configuring SRV.WORLD as NIS domain.
Client configuration complete.

# 必要であれば以下も設定しておきます ( 初回ログイン時にホームディレクトリを自動生成 )

[root@www ~]#
authconfig --enablemkhomedir --update
[root@www ~]#
logout
Fedora 25 (Server Edition)
Kernel 4.8.8-300.fc25.x86_64 on an x86_64 (ttyS0)

Admin Console: https://10.0.0.31:9090/ or https://[fe80::5054:ff:fef3:9ae9]:9090/

www login:
redhat
# IPAユーザー

Password:
# パスワード

Password expired. Change your password now.  
# 初回ログイン時はパスワードの変更が求められる

Current Password:
# 現在のパスワード

New password:
# 新しいパスワード

Retype new password:
Creating home directory for redhat.
[redhat@www ~]$
# ログインできた
関連コンテンツ
 
Tweet